ABCテレビ・テレビ朝日系列全国24局ネット『ANiMAZiNG!!!』枠で好評放送中のTVアニメ『となりの妖怪さん』。今回は作中に登場したお店のモデルとなった”串カツ くまた”に原作者であるnohoさんと、オープニング主題歌を歌うPiiさんを招いて、妖怪と人と神様がふつうに暮らす”ふしぎで優しい日常”を描いた本作の魅力や、オープニング主題歌「お化けひまわり」の制作エピソードなどを語ってもらった。


――お二人お会いするのは今回の対談が初めてとのことですが、お互いの印象についてお聞かせください。
Pii nohoさんは私がイメージしていた通りの人でした。アイコンに描かれているメガネかけた猫のイラストに似ているなって(笑)。

noho よく言われます(笑)。

――nohoさんはPiiさんにはどんな印象をお持ちですか?
noho YouTubeを拝見しているのですが、優しい雰囲気の方だなって思いました。

Pii ありがとうございます(笑)

――そんなPiiさんが『となりの妖怪さん』オープニング主題歌を担当すると決まったときはどう思われましたか?
noho 最初にデモを聴かせていただいたときに感じたのは、懐かしい気持ちになるメロディとPiiさんの柔らかい歌声によって、作品で描いてきた妖怪との世界が形作られているなっていうことでした。
すごい世界観にマッチしていて、嬉しさとともにワクワクした気持ちになったことをよく憶えています。

Pii わーい!

――Piiさんにとってアニメの主題歌は初挑戦になるわけですが。
Pii オファーをいただいたときはすごく嬉しかったです。私は日本の田舎の原風景が大好きでしたし、妖怪さんや神様と共存する世界ってすごく楽しそうじゃないですか。飼っているペットが妖怪に変身してコミュニケーションがとれたりとか、ホント最高だと思うんです(笑)。そんな心ひかれる作品でしたので、主題歌を担当させていただけたのはとてもありがたかったですし、曲作りもすごいスムーズに進んでいきました。


――作詞をするにあたって、どのようなテーマで歌詞を書かれていったんでしょうか?
Pii 原作のコミックを読ませていただいたんですが、生きる時間が違う者同士がお互いに相手を守り合いながら「あなたのために生きたい」と願うというストーリーがすごく素敵だなって思ったんです。なので、それを大きなテーマとして曲を書いていくことにしました。

【関連画像】聖地の串カツ屋で撮影したnohoさんとPiiさんの写真を見る!(14枚)

――実際のレコーディングで心がけたことなどあったらお聞かせください。
Pii 優しい世界観の楽曲にしたかったので、自分の中にある大きな愛情みたいなものを意識しながら歌わせてもらいました。あとはオケの中でシタールっていう妖怪っぽい音色を出す楽器が使われているのもポイントですね。『となりの妖怪さん』の主題歌ならではといったことも意識してみました。


――お気に入りのフレーズなどあればお聞かせください。
Pii フルコーラスで聴ける2番は、人と自分の生きる時間が違うのに悩むぶちおの想いを歌詞にしたいなって思っていたので、そこはすごく気に入っています。あとラスサビで男声コーラスとユニゾンするんですけど、そこには「共に生きていこう」っていう意味を込めてみました。アニメのストーリーとリンクさせながら聴いてもらっても面白いかなって思います。

――現在公開中のミュージックビデオもPiiさんの映像になっています。
Pii ありがとうございます。
ミュージックビデオでは、ぶちお(猫又)をイメージさせてもらいました(笑)

noho すごく可愛かった(笑)

Pii 監督に「猫になって」って言われましたので、髪の毛とかをぶちおカラーに染めて、猫になったつもりでお芝居をしています。こちらもぜひ見ていただけると嬉しいです。

――実際に放映されたオープニング映像をご覧になった感想をお聞かせください。
Pii 楽曲自体メチャクチャ気に入っていますし、映像を見たときはすごく感動しました。私の歌声にアニメの映像が重なっていくことで、この曲の世界観そのものが大きく広がっていった気がします。

noho 私は最初にこの曲を聴いたときの印象として、風が吹いたような感覚があったんです。
そのイメージが映像としても表現されていたので、アニメと音楽が究極合体したというか(笑)、すごいピッタリ合っていることに感動しました。とても大好きなオープニングになりましたね。

――Piiさんは歌詞を作るにあたって、物語の舞台探訪をされたとのことですが?
noho いろいろ調べて静岡県西部の遠州地方を尋ねてみました。地元で有名なききょう寺や作中にも出ていた小國神社などを一人で巡ったりしたんですが、むーちゃんやジローといった登場人物たちや妖怪が出てきそうな雰囲気が本当にそこかしこにあって。そんな東京では絶対に味わえない空気を浴びることで、この作品の世界にすんなり入っていくことができました。

――こうした実在の場所を作中に登場させたりしたのは、どんな理由があったんでしょうか?
noho 私としては当初は地元の馴染みある風景をマンガに登場させていただけなんです。
でも読んでくれた方がその場所に「行きたいな」って思ってくれたり、実際に足を運んでくれたりしてくれているのはすごく嬉しいですね。地元に貢献しているような気がしています(笑)

Pii 私も母親もアニメの第1話見て、すぐに又一庵のきんつばをお取り寄せしちゃいましたからね(笑)

noho 売り上げに貢献できました(笑)

――この「串カツ くまた」もnohoさんは利用されたりしているんですか?
noho 作中で「みんなが行きそうな串カツ屋さんを出したいな」ってふと思って、地元のいい雰囲気のお店を探してこのお店を登場させてもらいました。他にも舞台のモデルになっている地域の中で知っている場所に取材に行ってパシャパシャと撮影して資料にしたりということもしています。「道の駅 潮見坂」なんかは一度行ったことがあったんですが、すごく素敵な場所で、オーシャンビューが素晴らしいんですよ。「ドライブ行くならあそこかな」っていうことで選んだ場所になります。

Pii 今日のこの取材の前に行ってきました。海がすごく近かったです! 残念ながらメッチャ雨でしたけど(笑)

noho 晴れていたらすごく綺麗なんですけどね(笑)

――改めてアニメ本編を今までご覧になっての感想をお聞かせください。
noho すべてのシーンが大好きで、毎回ニコニコしながら見させてもらっています。そんな私の思いを伝えたくて、Xに各話放送後に好きなシーンをまとめたイラストを描いたりもしているんですが、それを監督やスタッフ、声優の皆さんにも見てもらえているのは恥ずかしいやら嬉しいやらって感じですね(笑)

――アニメならではの面白さを感じたところなどありましたらお聞かせください。
noho 自分からは出てこない独自の表現や演出でいろんなシーンが映像化されているのを見ると、血湧き肉躍るじゃないですけどワクワクします。私が描いた原作にひと味新しい要素を加えてくださって、アニメだからこその面白さが足された表現を見せてくれるのがホントに嬉しくて。すごい刺激になっています。

Pii 私は声優さんの演技ですね。声が入るとやっぱりキャラクターのイメージが膨らみます。特に化け狐の百合さん役の大地葉さんの演技がすごく素敵なんですよ。いろんな表情を見せる百合さんを細やかに表現されていて、すごいなって思いながらいつも見させてもらっています。

――このアニメに関わったことで、これからの創作活動、音楽活動にどんなプラスの影響を与えてくれたと思いますか?
Pii 『となりの妖怪さん』という作品に出会えたご縁を本当にありがたく思っています。音楽って素敵な作品と一緒になることでどんどん広がりをみせていくものだということを今回実感することが出来ましたし、とてもいい経験になりました。

――もしまたアニメの主題歌のオファーが来たら、もう一度チャレンジしてみたいと思っていますか?
Pii ぜひ! 何度でも(笑)。

noho 私は脚本会議とかにも参加させていただいたりもして、すごい勉強になりました。アニメを見ていても「こういった表現があるんだ」とか、「セリフの間でこんなにも見せ方が変わるんだ」といった気付きや感銘を受けたことがたくさんあったりしましたので。そうして得られたものを、今後作品を描くときに取り入れていくことができればいいなと思っています。

――最後にファンの皆さんにメッセージをお願いします。
Pii アニメと一緒に「お化けひまわり」をたくさん聴いていただきたいですね。妖怪さんの世界のお話だけど、現実の世界でも通じる部分がたくさん描かれている作品になっていますので、ぜひ楽しみながら見ていただき、それを探す旅を一緒にしていきましょう!

noho 物語も後半戦に入りましたが、楽しみにしているのはやっぱり最終話ですね。第1話とこの最終話は私もアフレコに立ち合わせてもらったんですが、最初の頃と全然違う雰囲気だったりするんですよ。映像の方も未完成のものを見てもらっていたりするんですが、今の段階で既にすごいことになっていたりしますので、最終話までぜひ楽しみにしていただけると嬉しいです。