2024年7月7日(日)放送開始予定のTVアニメ『キン肉マン』完璧超人始祖編のジャパンプレミアが2024年6月23日(日)に新宿バルト9で開催される。そのMCを本編でアナウンサーを演じる声優・太田真一郎が務めることが決定した。


『キン肉マン』は、作者ゆでたまご(原作シナリオ担当・嶋田隆司と作画担当・中井義則)によって『週刊少年ジャンプ』(集英社)で1979年に連載を開始した漫画。現在も『週刊プレイボーイ』『週プレNEWS』(いずれも集英社)へ籍を移し連載中。シリーズ累計は7700万部を突破している大人気コミックで、現在最新刊となる84巻が発売中だ。
キン肉星から来たドジでマヌケな落ちこぼれ超人のキン肉マンが、努力、友情、勝利を重ねて、やがて超人格闘界最強の男へと成長を遂げていく物語であり、アニメは1983年より放送され、大ブームになったキンケシは1.8億体以上を販売した人気シリーズである。
新シリーズでは、これまでアニメ放送された「キン肉星王位争奪編」の続きとなる、原作でも屈指の人気を誇る「完璧超人始祖編」をProduction I.Gが手がけ、監督はさとう陽、シリーズ構成は深見真、キャラクターデザインは丸藤広貴、音楽は高梨康治が務め、キン肉マン役は宮野真守、キン肉真弓とプリンス・カメハメ役を神谷明が担当する。

今回のジャパンプレミアでは、本編0話&1話&2話先行上映とキャスト登壇トークショーが行われる予定で、登壇はキン肉マン役の宮野真守とテリーマン役の小野大輔

そして新たにリングを実況で盛り上げるアナウンサー役の太田真一郎がトークショーのMCとして登壇することが決定した。キン肉マン、テリーマンに加えてアナウンサーのキャストも登壇することが決まったジャパンプレミアを是非お楽しみいただきたい。

太田真一郎は様々なアニメ作品で、普通のキャラに加えて数多くのアナウンサー役(『戦隊大失格』〔2024年〕など)を演じた経験を持つ声優。またPRIDEやK-1など実際の格闘技のリングアナウンサーも担当していた。
本編のアナウンサーぶりや、ジャパンプレミアでのMCとしての活躍にも注目だ。

初回放送であり、今回のジャパンプレミアでも上映される第0話では、完璧超人始祖編までに至る過去シリーズとなる怪獣退治編、超人オリンピック編、7人の悪魔超人編、黄金のマスク編、夢の超人タッグ編、キン肉星王位争奪編の数々のシーンが、約30年ぶりに令和版キン肉マンとして新たに映像化される。


>>>ジャパンプレミア告知画像やキービジュアルを見る(画像6点)

(C)ゆでたまご/集英社・キン肉マン製作委員会