CGアニメーション映画『Ultraman: Rising』が、6月14日(金)より世界配信をスタート。世界配信がスタートする中、アカデミー賞受賞監督のギレルモ・デル・トロ監督よりメッセージが到着した。
6月19日(水)に発表された「Netflix 週間グローバルTOP10 (英語作品/映画)」で初登場8位を記録した。

>>>新ビジュアルやアヌシー映画祭の様子など(写真4点)

Netflix映画『Ultraman: Rising』は、『KUBO/クボ 二本の弦の秘密』(2016・原案/キャラクターデザイン)などで知られるクリエイター、シャノン・ティンドルが監督・脚本を手掛け、ジョン・アオシマが共同監督を務め、CGアニメーション制作は、『スター・ウォーズ』『ジュラシックパーク』など、数々の名作、ヒット作を送りだしてきた「インダストリアル・ライト&マジック(ILM)」が手掛けてがけている。

日本語吹き替え版声優として、主役のサトウ・ケン役を俳優の山田裕貴が演じ、ケンの疎遠となっていた父親・サトウ教授役に小日向文世、ケンとの交流を深めるシングルマザーのジャーナリスト、ワキタ・アミ役に早見あかり、”赤ちゃん怪獣” エミを巡って、ウルトラマンと対峙する組織・怪獣防衛隊(KDF)の冷徹な指揮官・オンダ博士役に立木文彦、ケンの世話をするスーパーコンピューター、ミナ役に恒松あゆみがキャスティングされた。

また、『ウルトラマン』(1966)のフジ・アキコ隊員で知られる桜井浩子がアミの母親役、『ウルトラマンオーブ』や『ウルトラマンZ』などでジャグラス・ジャグラー役として活躍する青柳尊哉もオンダ博士の片腕アオシマ隊員として、声優として特別参加している。

この度、アカデミー賞受賞の『シェイプ・オブ・ウォーター』、『パシフィック・リム』シリーズのギレルモ・デル・トロ監督からのメッセージ動画が到着。かねてよりウルトラマンシリーズに大きな影響を受けたと公言しているデル・トロ監督は、本作のシャノン・ティンドル監督について「彼は非常に素晴らしいデザイナーであり、かつてない新しい『ウルトラマン』を生み出すのにとてもふさわしい監督なのです。
ただアニメ化された『ウルトラマン』という訳ではなく、人間として誰もが共感できるような、葛藤を抱えたウルトラマンの物語です。」と、ウルトラマン愛を称えると共に、作品に太鼓判を押した。メッセージ動画ではほかにも様々な魅力を語っている。

6月13日(木)にはフランスで毎年開催されるアヌシー国際アニメーション映画祭で行われたプレミア上映では、"Annecy ULTRAMAN Making Of Session" と題するパネルに参加して喝采を浴びている。

1966年の放送開始以来、半世紀以上にわたり世界で愛され続けている不滅のヒーロー「ウルトラマン」を、すべての世代で楽しめる、「親子」「家族」をテーマにした新たなストーリーとして創造した本作が世界中で注目されている。

(C)円谷プロ