進撃の巨人』や『機動戦士ガンダムUC』、『俺だけレベルアップな件』など人気アニメをはじめ、『NHK連続テレビ小説 まれ』などのドラマや映画の、多くの作品で劇伴を手がける作曲家・澤野弘之のナンバリングライブシリーズの第8弾「澤野弘之 LIVE [nZk]008」が6月2日、東京・NHKホールにて開催された。同ライブの開催は、2022年に行われた「007」以来約2年ぶりのこと。
昨年リリースしたボーカルプロジェクトの最新アルバム『V』にも参加したLaco、XAI、[nZk]の作品ではお馴染みのmizuki、Aimee Blackschleger、mpi、Benjamin、さらに澤野がプロデュースを務めるSennaRin、そして澤野が敬愛するASKAがゲストボーカルとして参戦。多彩な楽曲が次々と披露され、澤野が生み出すジャンルを超えた楽曲群に酔いしれた。

トラスで組まれたイントレのようなステージセットは、両側に飯室博、椿本匡賜という2人のギター、その下にドラムスの藤崎誠人、ベースの田辺トシノ、バイオリンの室屋光一郎、そして中央部にピアノの澤野弘之が位置する。ステージの背景には、「008」をデザインした本公演のシンボルマークが鎮座する。

「前回から約2年ぶり。今回だからこそ集まってくれたボーカルの皆さんと、今回だからこその楽曲を、みんなと楽しんでいければと思います」と澤野。


トップバッターを務めたLaco(EOW)は、イントロダクションとして演奏されたTVアニメ『青の祓魔師』の楽曲「Battle Scars」でテクニカルなラップを繰り出し、ゲーム『荒野行動』4周年テーマソング「Never Stop」では観客のクラップが会場に響く。MCでは「生まれて初めてのラップ、めちゃくちゃ楽しかったです!」と興奮を抑えきれないといった様子。アニメ『Fate/strange Fake-Whispers of Dawn-』テーマソング「FAKEit」では、ライトが縦横無尽に照らす緊迫感あふれる会場で、アツくパワフルなボーカルで観客を圧倒した。

続いて、Benjaminとmpiがステージに現れ、まずは映画『機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ』劇中歌「TRACER」、アニメ『Fate/strange Fake -Whispers of Dawn-』の楽曲「BITE DOWN」をメドレーでたたみかけた。会場にクラップが沸き起こった「TRACER」は、壮大な宇宙空間が目の前に広がった。「BITE DOWN」では向かい合って、バトルのようにラップを戦わせた2人は、澤野のステージにはお馴染みでBenjaminは今回で5回目とのこと。
mpiは以前、渋谷で行われたというライブを振り返り、「また渋谷でできてうれしい」とコメント。最後に映画『プロメア』挿入歌「Inferno」を歌い、力強くて明るい、前向きな風をNHKホールに吹かせた。

そこから一転、アニメ『進撃の巨人』の劇中音楽「DOA」が、先ほどまでの爽やかな空気を蹂躙した。ドラムのカウントと共にギターリフがかき鳴らされ、ブラックのドレスに身を包んだAimee Blackschlegerが登場。大歓声と共に、会場にはクラップが沸き起こった。「3年ぶりに、Aimeeとお客さんの前で一緒にやれてうれしい」と澤野。
本人もうれしそうに客席を見渡し、「マイ・フェイヴァリット・ソング」と紹介して、アニメ『ギルティクラウン』の極上バラード「Release My Soul」を歌唱。温かくも儚い、胸をキュッと締め付けるような歌声で会場を包み込んだ。

XAIは、MVがYouTubeで500万回再生を記録している「DARK ARIA<LV2>」でステージをスタート。幻想的なサウンドに乗せたエモーショナルなボーカルに、観客も静かに聴き入った。MCでは、大好きなアニメの楽曲が満載されていることに触れ、「オタクの大勝利!」という言葉で喜びを表現した彼女。『ガンダム』シリーズのファンで、自身のソロライブで『機動戦士ガンダムUC』の楽曲「EGO」をカバーしたことがあることも明かした。
そんな彼女は「実物大ユニコーンガンダム立像」テーマソング「Cage」のカバーも披露。美しいピアノをバックに、宇宙空間に広がるような雄大で美しい歌声を響かせて観客を魅了した。

続いてmizukiは、アニメ『86 -エイティシックス-』第1クールWエンディングテーマ「Avid」と、「EGO」、さらにアニメ『アルドノア・ゼロ』挿入歌「Keep on keeping on」をパフォーマンス。「EGO」は、オリジナルとは異なるリズミカルで希望的な明るさを持ったアレンジ。mizukiは、このバージョンをライブで初めて歌ったとのこと。透明感のあるボーカルが観客を惹きつけ、目の前にはアニメの雄大な世界が広がった。
またMCでは「いい意味で変わってないなと思った」と、澤野と出会って10年以上が経つことに感慨ひとしおといった様子だった。

一方、2年前に澤野のプロデュースでデビューしたSennaRin。まずは放送中のアニメ『龍族-The Blazing Dawn-』主題歌「IVORY TOWER feat.SennaRin」と、TVドラマ『院内警察』オーブニングテーマ「NOD」をメドレーで披露。ピアノとしっとりとしたボーカルだけによる、音源とは異なるアレンジで披露した「IVORY TOWER」から、「NOD」では一転エレクトリカルなバンドサウンドに乗せて、パワフルなボーカルを聴かせた彼女。他にリリースしたばかりの1stアルバム『ADRENA』に収録の新曲「mЁЯR0r」やアニメ『進撃の巨人Season 2』の楽曲「Call of Silence」のカバーも歌唱。「mЁЯR0r」はダークヒーローやヴィランにフォーカスし、彼女自身が作詞を手がけたもの。
変則的なリズムのサウンドに乗せて、エモーションがあふれだすような、パワフルな歌声で会場を圧倒した。

ライブも終盤、澤野のピアノのアドリブ演奏が続き、ふとCHAGE&ASKAの「SAY YES」のフレーズが差し込まれるという心憎い演出で、御大ASKAがステージに現れると、会場は割れんばかりの拍手と大歓声に包まれた。

まずはアルバム『V』に収録された「地球という名の都」を披露。まるで大地の鼓動のような力強いビート、それこそがメッセージだと思えるASKAの太く温かなボーカルに、会場に手拍子が広がる。続いて3枚目のアルバム『R∃/MEMBER』に収録の「EVERCHiLD」をカバー。こちらもスケールの大きなビートが広がる楽曲で、未来に向けた希望や願いが込められている。ASKAのボーカルの持つオーラとパワーに圧倒されていると、突然「ごめんごめん!」と言って演奏をストップさせたASKA。どうやら自身で納得のいかないところがあったようで、自らやり直しを要求。ちょっと慌てた様子の澤野に説明し、「よし行こう!」と言ってもう一回。ユーモアを兼ねた。

MCでは、小学生の頃にASKAの歌と出会い、影響を受けて音楽家になり、現在に至っていることを説明した澤野。「でも澤野くんの曲を聴いて、どこに僕の影響が出ているのか、全然分からなくて(笑)」と、照れ隠しをするように笑ったASKA。「せっかくなのでこのメンバーで、ASKAさんの曲をカバーしたい」(澤野)ということで、コーラスにSennaRinも加え、最後に「WALK」をカバーした。

同曲について「ヒット曲を作ることを意識せず作った曲」とASKA。「40年やって来たけど、僕らと共に生きて来た世代の人もいれば、今ここには若い世代の人もいて。でもこれが、長くやることの意味だなと実感します」とコメントした。

まるで夜のような静かなムードで始まり、徐々にR&B調のメロディやハイトーンのコーラスが広がって、少しずつ夜明けを迎えていくような同曲。まったりとしたビートに乗せて、終盤はどこかゴスペルを彷彿とさせるような、重厚なコーラスが会場を包み込む。観客は曲に身を委ね、ゆっくりと身体を揺らして同曲に込められたメッセージを噛みしめた。

最後にがっしりと握手を交わしたASKAと澤野。気づかないうちに、涙がこぼれていたという人は多かっただろう。

ちなみにSawanoHiroyuki[nZk]が2017年に発表した2ndアルバムは『2V-ALK』(ウォーク)で、同作には「VV-ALK」(ウォーク)という曲も収録。この時からこの日のための、大いなる伏線が始まっていたと考えるのは、少々大げさすぎるだろうか。

【関連画像】「澤野弘之 LIVE [nZk]008」で歌うアーティストを見る!(10枚)