『劇場総集編ぼっち・ざ・ろっく!』の前編となる『劇場総集編ぼっち・ざ・ろっく!Re:』が、全国にて大ヒット公開中! 2022年に放送され大人気となったTVアニメ『ぼっち・ざ・ろっく!』(はまじあき/芳文社「まんがタイムきららMAX」連載中)の全12話を、前後編からなる二部作に再編集。極度の人見知りで陰キャな少女・後藤ひとりが、ひょんなことからギター担当として《結束バンド》に加入。
伊地知虹夏、山田リョウ、喜多郁代ら3人の個性的なメンバーとともに成長していく姿が描かれていく。
今回はそんな後藤ひとり役を演じる青山吉能に、劇場公開を前にしての心境を語ってもらった。

――最初に劇場総集編が決定したと聞いたときはどう思いました?
青山 「劇場総集編やるよ」っていうのをサラッと伝えられていたこともあって、夢のような話みたいに思っていたんです。でもこの間、TOHOシネマズ新宿に行ったときに屋上のゴジラと壁面に描かれた承認欲求モンスターが並んでいるのを見ることができまして。はじめてそこで「本当に劇場でやるんだ」っていう実感がわきました。

――完成映像はご覧になりましたか?
青山 まだ見てないんですよ。
でも「誰のセリフから劇場総集編が始まるのか?」っていうのは喜多ちゃん役の長谷川育美さんから教えてもらったんですが、それがメッチャ意外な人で「そこから始めるんだ!?」ってビックリしました。その一人目のセリフだけで第1話から第12話までを順番にまとめただけの総集編じゃないことがわかるはずなので、ぜひ楽しみにしてもらえたらと思います。

――青山さんが気になっている劇場総集編の見どころなどありましたらお聞かせください。
青山 4コマ漫画の原作を全12話に見事にまとめ上げた脚本家・吉田恵里香さんの手腕がビカビカ光ったテレビシリーズを、さらにどう前後編に編集し直したのかっていうのが注目ポイントだと私は考えていて。ポンポン出てくる面白いワードやシチュエーションをギュッと濃縮させるために、どこを削ったり加えたりして映像を組み立てていったのか、その出し引きの加減はすごい気になっています。

――劇場の大スクリーンと素晴らしい音響だからこそ楽しめる、劇場総集編ならではの魅力についてもお聞かせください。

青山 皆さんも予想していると思うんですが、結束バンドのライブシーンはまさに圧巻って感じになるはず。そこは何も考えずに一旦音だけを受け取るもよし、映像の美しさを受け取るもよし。多分一回劇場で観ただけだと「すげー!」で終わっちゃうはずなので、ぜひその後落ち着いて二回、三回と観てほしいですね。あと背景や小物に細かいネタが散りばめられた作品でもあるので、せっかくデッカいスクリーンで観るなら、そうした細部のこだわりなんかも楽しんでほしいかな。

――テレビシリーズのファンだけでなく、《結束バンド》の楽曲を聴いてアニメが気になったという人も劇場に足を運んでくれそうです。
青山 そうなんですよね、『ぼっち・ざ・ろっく!』のアニメは見てないけど、「《結束バンド》の曲は聴いたことがある」っていう人がけっこういらっしゃるんですよ。
そんな方たちには、今まで聴いてもらっていた楽曲について、改めて『ぼっち・ざ・ろっく!』という作品込みで知ってもらえたらと思っています。今までなんとなく「格好いい」って理由で聴いていた曲が、実は歌詞は後藤ひとりというキャラクターが作っていて、作曲は山田リョウがやっているっていうことを知ることで、「ぼっちちゃん、こんな歌詞を書くの?」とか、「ベースがバチイケの曲ばかり作曲して、山田って自分のことばかりしか考えてないのでは?」とか、作品を通して曲への解像度がより深めていくことができるはず。曲と物語が密接に関わっていたりしますので、曲だけ知っているっていう方はぜひ作品にも触れてみてもらえたなら嬉しいです。

――青山さんが演じているヒロインの後藤ひとりというキャラクターについてどんな印象をもっていますか?
青山 後藤ひとりって「陰キャでコミュ症の女の子」って紹介されることが多いんですけど、私はテレビシリーズの全12話を演じて、「諦めない子」っていう印象をもちました。他の人との会話やバイトもそうだし、江ノ島に行ったりとか、最初はどうしても後ろ向きだったり拒否したりはするものの、なんやかんやいって流されながらも諦めずに最後までやり切って、その結果「楽しかったな」で終わることができたりする子なんですよ。もちろん周りのメンバーの温かい尽力もあったりするんですけど、そんな周囲の想いを受け取って、「頑張ろう」っていう前向きなパワーに換えていく力を持っているのはすごいなって思っています。


【関連画像】前後編のKVと青山吉能&長谷川育美の写真を見る(4枚)

――テレビシリーズでのアフレコの思い出などありましたらお聞かせください。
青山 第1話のアフレコは忘れられないです。ほとんど私が演じた後藤ひとりしかしゃべってないのに、かなり収録時間が長引いてしまったんですよ。終わった後「(後藤ひとり役を)青山にしてみんな後悔してないかな?」って反省していたら、(アニメーション)プロデューサーが後ろでスタンディングオベーションを始めたんです。そういうのって最終回でもやらないのに、他のスタッフさんもブースを出た私を拍手で迎えてくれて。アフレコを見学に来られていた原作のはまじあき先生からも「後藤ひとりを青山さんに任せて良かった」っていうお言葉をいただけて、メッチャ泣いちゃったことは今でもよく憶えています。


――それだけ苦労したということは、後藤ひとりは演じるのが難しいキャラクターだったりしたんでしょうか?
青山 どの作品でもそうなんですけど、第1話ってキャラクターを固める作業に時間がかかってしまうんです。特に後藤ひとりは内側にいる自分と外側で他の人から見られている自分の姿が全然違うというのが難題で。自分では明るくたくましく「おはよう」って言っているつもりでも、それが相手に明るく「おはよう」って聞こえちゃったらダメなんです。なので収録中は音響監督さんから「そのまま届いちゃっているからダメ」っていうディレクションをたくさんいただくことになりました。

――それはかなり難しいことを要求されていたんですね。
青山 虹夏との会話での「あ、はい」のセリフひとつとっても「全部床に投げて」「虹夏としゃべらないで」って言われていましたから(笑)。
後藤ひとりは虹夏ちゃんとしゃべっているつもりでいるけど、虹夏にはそう聞こえてないっていう風にしないといけない。でもモノローグの「どうしよう、全然しゃべれなかった」っていうセリフは感情をそのまま出さないといけない。そんな自分の中にある心のスイッチの切り替えがすごく難しいキャラクターではありました。そんな後藤ひとりが、話数を重ねていくうちにちゃんと虹夏ちゃんの目を見て「はい」って言えるようになるんですから……私自身彼女の成長にはホロリとしてしまいます(笑)

――そんな後藤ひとりですが、青山さんにとってどういう存在になりましたか?
青山 私の生き写しといっても過言ではないキャラクターになったと思っています。演じる際にも、無理にどこかの引き出しを開けてお芝居するようなこともなく、彼女の心情がわかりすぎるぐらいにスッと自分の中に入ってくるようになりましたので。だからこそ作品で描かれているリアルに、自分を重ねることができたのかなって思っています。後藤ひとりに失せない卑屈さは一生変わらないはずなので、私も一生彼女に寄り添っていけたらいいなと思っています。

――多くのファンを魅了した『ぼっち・ざ・ろっく!』の作品の面白さについてはどう考えていますか?
青山 いろんな魅力が詰まっている作品なんですが、やっぱりキャラクターの個性とそれぞれの役者のお芝居の面白さが一番の見どころかなって私は考えています。例えば虹夏ちゃんと喜多ちゃんって二人とも明るくて元気なキャラクターなんですが、虹夏ちゃんにはみんなのことをいろいろ考えたりする母性があるんですけど、喜多ちゃんは意外と自由奔放だったりと、実は全然個性が違っていたりするんです。同じようなテンションに見えてもお芝居でしっかりと演じ分けていく、そんな鈴代紗弓と長谷川育美の役者力は目の前で見ていて本当にすごいなって思っていました。リョウもクールだけど燃える炎みたいなものをメンバーの誰よりも持っている子で、その案配がすごく大変なキャラクターだったりするんです。でもその難しいお芝居を上手にこなしていくのが水野朔の演技力なんですよね。本当にいいバランスで結束バンドってキャスティングされたんだなって納得するばかりでした。

――そんな《結束バンド》が野外音楽フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2024」に参戦することも決定しました。
青山 それもASIAN KUNG-FU GENERATIONさんと同日ですからね。「おいおい、ロッキン。やってんな!」って(笑)。なかなか現実味のない話だったりするのでちょっと緊張もありますけど、《結束バンド》として会場の皆さんに音楽を届けられたらなと思います。

――最後に公開を楽しみにしている方々にメッセージをお願いします。
青山 ファンの皆さんの応援のおかげで、『ぼっち・ざ・ろっく!』は私自身予想していなかったぐらい大きなコンテンツになることができました。ぜひテレビシリーズのときと変わらない熱と愛をもって劇場総集編も愛していただけたら嬉しいです。

青山吉能(あおやまよしの)
5月15日生まれ。81プロデュース所属。主な出演作は『ポケットモンスター』(ドット/ぐるみん)、『喧嘩独学』(目黒ルミ)、『恋愛暴君』(グリ)、『なつなぐ!』(千葉いずみ役)、『Wake Up, Girls!』(七瀬佳乃役)ほか。