カートゥーンネットワークが分析するアジア市場 広島国際アニメーションフェスティバル 

広島国際アニメーションフェスティバルでは、多くのアニメーション作品の上映・コンペティション、ワークショップが企画されていた。一方で、アニメーションの専門家に向けたセミナーも行っている。
8月26日に中ホールで行われた大手のアニメーション専門チャンネル・カートゥーンネットワークによるセミナーもそのひとつだ。セミナーのテーマは「様々な文化の中でどのように国境を超えるか?」で、世界中の子供たちから愛されるストーリーは何かついてである。また、広島でのイベントでもあり、日本のアニメーション業界に焦点を当てたものにもなっていた。広島国際アニメーションフェスティバルでは珍しい、業界的な視点を持ったものである。

まず、最近の例として日本の『巨人の星』が『ライジングスター』として売り込まれていることでも話題のインド市場から話を進めていった。カートゥーンネットワークによれば、インドでは人々の多くがラジオで生活しているが、中間層の増加に伴いテレビの視聴や映画館へ足を運ぶ率も上がってきている。
日本の作品では、『ドラえもん』や『忍者ハットリくん』などがインドで視聴率が高い。特に『忍者ハットリくん』はインド用に新エピソードが制作されることも明らかにされている。
しかし、一方で『ドラえもん』や『忍者ハットリくん』と同じように人気のある『クレヨンしんちゃん』が、表現の仕方で問題になったこともある。
一方カートゥーンネットワークでは、“インディメ”と同社が称する作品をマレーシアで制作しているという。日本作品をもとにした『ライジングスター』がテーマを野球からクリケットに変更しているように、同社でもインドの神話的や文化的なところに日本的なところも足している。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2012年9月2日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら