文化庁映画賞に アニメ監督・芝山努さん、音響監督・明田川進さんら決定

文化庁は9月13日に、平成24年度文化庁映画賞の文化記録映画部門、映画功労部門の受賞作品、受賞者を決定した。文化庁映画賞は日本の映画の向上と発展を目的に、優れた文化記録映画と日本映画を支えてきた功労者を顕彰している。
文化記録映画部門では、大賞にアジアプレス・インターナショナルの『隣る人』を選定した。また、優秀賞は、『医す者として~映像と証言で綴る農村医療の戦後史~』(グループ現代)と『沈黙の春を生きて』(坂田雅子、シグロ)の2作品となった。

映画功労部門は6人の映画人が選ばれた。赤松陽構造さん(映画タイトルデザイン)、明田川進さん(音響監督)、井関惺さん(映画製作)、佐々木英世さん(音響効果)、芝山努さん(アニメーション監督)、林隆さん(映画美術監督)らである。
文化庁映画賞の特徴は、映画製作のなかの様々な仕事を対象にしていることだ。監督やプロデューサーは勿論、撮影、美術、音響、録音などカバーする。

また、近年は映画のなかで存在感のあるアニメーションにも目を向けるようになっている。平成22年度には笹川ひろしさん、杉井ギザブローさん、平成23年度には小林七郎さんが文化庁映画賞を受賞している。平成24年度も、明田川進さんと芝山努さんがアニメーション界からの受賞者である。

明田川進さんは、アニメーション作品で数々の音響監督を手がけたことで知られている。1963年に虫プロダクションに入社、その後、田代敦巳さん、杉井ギサブローさんと伴にアニメ制作会社グループ・タックを設立した。さらに1978年には音響制作会社マジックカプセルを立ち上げた。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2012年9月17日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。