アヌシー国際アニメーション映画祭 公式セレクションに湯浅政明「Kick-Heart」や水尻自子「布団」など

アヌシー国際アニメーション映画祭 公式セレクションに湯浅政明「Kick-Heart」や水尻自子「布団」など
2012年の映画祭の様子
フランスのアヌシー国際アニメーションフェスティバルの短編ノミネート作品が3月26日に発表された。世界最大のアニメーション映画祭として注目されるイベントだが、今年も日本から複数の作品が公式セレクションに選ばれた。
各7部門のうち、短編部門では4作品、テレビシリーズ部門で1作品、学生部門で3作品の合計8作品が本選進出となった。長編アニメーション部門のみは、後日発表となる。今後はこちらも期待したいところだ。

短編部門に選ばれたのは、『布団』(水尻自子)、『Kick-Heart』(湯浅政明)、『Not Over』(早井亨)、『雪女』(イジー・バルタ)である。水尻さんの『布団』は、第14回広島国際アニメーションフェスティバルや第16回文化庁メディア芸術祭などで受賞し、すでに国内では高い評価を受けている。
湯浅監督の『Kick-Heart』は、海外のクラウドファンディングサイト「Kickstarter」で制作費が募ったことで話題を呼んだ作品だ。サドとマゾのプロレスラーという奇妙な設定が、アヌシーの観客にどう受け入れられるかも気になるところだ。

早井さんの『Not Over』は富山水辺の映像祭2012でグランプリのほか、国内の各コンテストでも受賞歴がある。
一方、イジー・バルタ監督の『雪女』はチェコと日本の共作だ。イジー・バルタ監督は最近、日本でも長編の『屋根裏のポムネンカ』が公開されたことが記憶に新しい。小泉八雲の同名原作で制作された今作は、昨年、島根県立美術館で初上映されている。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2013年3月27日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。