昨年韓国で封切られた映画が、アジアを巻き込み盛り上がっているという。その映画は『10人の泥棒たち』。集められた10人の怪盗たちが幻のダイヤモンド“太陽の涙”をめぐって争奪戦を繰り広げるという一大エンターテインメント作品だ。

韓国では記録的な大ヒットとなった。「グエム-漢江(ハンガン)の怪物-」(2006)のもつ韓国映画観客動員記録を塗り替え、2012年、じつに6年ぶりに韓国映画史上1位を記録。アジア各国、また全米でも公開されたこのエンターテインメント作品が待望の日本上陸となる。2013年6月22日(土)よりTOHOシネマズ渋谷ほかで、二週間の限定公開だ。
日本上映にあたって、豪華キャスト陣による吹替版の上映も決定した。先日おこなわれた合同インタビューで、主要キャストの吹替を務める山寺宏一さん、朴ロ美さん、小山力也さん、平野綾さんに話をうかがった。
[取材・構成:細川洋平]

*朴ロ美さんの“ロ”の字は王偏に路です。

『10人の泥棒たち』
http://10dorobo.jp/

■ ユニークでセクシーで強くて、かっこいい。

--ご自身の役どころなどを教えてください。

山寺宏一(マカオ・パク役 以下・山寺) 
今回の作戦のリーダー、マカオ・パクを演じます。一見クールですが、ペプシとの恋愛や揺れ動く感情などが見え隠れします。
ストーリーにも大きく関わってくるその部分がこの役のおもしろいところだと思います。

朴ロ美(ペプシ役 以下・朴) 

この記事の画像

「山寺宏一、朴ロ美、小山力也、平野綾インタビュー 韓国映画史上1位を記録した映画の吹替版上映」の画像1 「山寺宏一、朴ロ美、小山力也、平野綾インタビュー 韓国映画史上1位を記録した映画の吹替版上映」の画像2