米国アカデミー賞受賞・加藤久仁生のオムニバス「情景」 恵比寿で2日間無料上映会

米国アカデミー賞受賞・加藤久仁生のオムニバス「情景」 恵比寿で2日間無料上映会
『情景』
加藤久仁生さんが2008年に発表した短編アニメーション『つみきのいえ』が、アヌシー国際アニメーション映画祭グランプリ、米国アカデミー賞短編アニメーション最優秀賞に輝いたのは、まだ記憶に新しいだろう。その加藤久仁生さんの近作が『情景』だ。
『情景』は、「休日」、「雪」、「ポタージュ」、「朝」、「あいつ」、「昼寝」、「カーテンコール」の全7話のエピソードで構成されたオムニバス作品である。2011年より約2年間に渡り、全国5ヶ所の美術館を巡回した展覧会・加藤久仁生展でのみ上映をした。

本作が、一般向けに無料公開されることになった。10月12日と13日の2日間、東京・渋谷区の恵比寿ガーデンプレイスで開催されるジャンル複合型イベント「恵比寿文化祭2013」で上映する。
恵比寿文化祭は今年で3回目を迎える、サッポロ不動産開発が主催する。恵比寿の街の発展や地域振興を目指し、アートや音楽、ダンス、ファッション、映像などの様々な分野の催しを展開する。

恵比寿文化祭2013では、加藤久仁生さんが所属する映像会社ROBOT が映像分野で企画協力している。地域の映像会社として、地元に貢献する。そこで珠玉のオリジナルアニメーションを集めて、無料で上映する。
加藤久仁生作品だけなく、ROBOTが制作した作品群を一挙に公開する。アニメーション作家・坂井治さん、稲葉卓也さんの短編、映像ディレクター・新井風愉の短編なども紹介する。日常のちょっとした疑問や質問に対して歌いながら教えてくれる短編アニメーション「みんなのぶた」シリーズなど、大人から子どもまで楽しめそうだ。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2013年10月10日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら