「FAIRY TAIL」が再びテレビアニメに キャラクターデザインも一新で、4月新シリーズ開始

真島ヒロさんが「週刊少年マガジン」(講談社)で連載中の人気マンガ『FAIRY TAIL』が、再びテレビアニメ化されることになった。2014年4月よりテレビ東京他にて放送を開始する。
本作は2009年10月にテレビアニメシリーズをスタート、2013年3月まで3年半の間テレビ放送された。また、2012年8月には『劇場版 FAIRY TAIL 鳳凰の巫女』も公開された。いずれも大人気となった。

テレビシリーズは、大魔闘演武編の半ばで途切れていただけに、ヤキモキしていたファンも多いだろう。そんなファン待望の新シリーズとなる。
物語は前作を引き継ぎつつ、本作から観るファンにも楽しめるようになっている。アニメ制作は、新たにA-1Picturesとブリッジがチームを組む。監督は石平信司さん、シリーズ構成は十川誠志さんが再び参加、キャラクターデザインは『銀魂』や『イクシオン サーガ DT』の竹内進二さんを起用する。

物語はナツたちが不在だった7年の間にフィオーレ王国最弱の魔導士ギルドとなってしまった「妖精の尻尾(フェアリーテイル)」が最強ギルドを決める祭典「大魔闘演武」で優勝を目指してきたエピソードと伴にスタートする。そして、大会最終日ともに、それぞれの思惑が絡み合い、新たな事実が動き出す。「仲間との絆のために戦う!魔導士ギルドの物語...」の始まりだ。

作品は、現在鋭意制作中とのことだ。今後のさらなる情報を待ちたい。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2014年1月8日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。