大賞は「進撃の巨人」、電子書籍アワード2014 ラノベ部門は「はたらく魔王さま!」

大賞は「進撃の巨人」、電子書籍アワード2014 ラノベ部門は「はたらく魔王さま!」
電子書籍アワード2014(c)KADOKAWAメディアファクトリー
3月30日、電子書籍アワード2014の各賞が発表された。電子書籍大賞には、諫山創さんのマンガ『進撃の巨人』が輝いた。『進撃の巨人』はコミック部門で1位だったが、全書籍のなかでも最も読まれており、2013年のブームの大きさを感じさせた。
電子書籍市場全体で1年間に約160万部がダウンロードされた。紙出版とは差があるが、100万部を大きく超える数字は驚異的だ。

電子書籍アワードは、本の情報サイト「ダ・ヴィンチニュース」を運営するKADOKAWAメディアファクトリーが運営する。もともと書籍関連のランキング・アワードで定評のあるダ・ヴィンチが、成長著しい電子書籍にウィングを伸ばしたかたちだ。
今回は2013年に配信されたアダルト作品を除くすべての電子書籍・マンガを対象にしている。国内主要電子書店全21ショップの年間売上データから独自のベストセラーランキングを集計した。

発表は総合部門のほか、小説、コミック 、ライトノベル、教養・雑学、趣味・実用、ビジネス・自己啓発の別で行っている。6ジャンルを設けている。『進撃の巨人』はこのうちコミック 部門のトップ、そして全体でも総合でもトップになった。
『進撃の巨人』原作マンガを描く諫山創さんは、今回の受賞について次のよにコメントする。「自分も最近、電子書籍を読むようになりました。新しい漫画の形態が生まれつつある状況の中で『進撃の巨人』が1位を取ったことは大変光栄です。ありがとうございます」とコメントしている。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 進撃の巨人 アニメ
  2. 進撃の巨人 映画
  3. 進撃の巨人 最終回
アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2014年3月31日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「進撃の巨人 + アニメ」のおすすめ記事

「進撃の巨人 + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

「進撃の巨人 + 映画」のおすすめ記事

「進撃の巨人 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ジョジョの奇妙な冒険」のニュース

次に読みたい関連記事「ジョジョの奇妙な冒険」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。