『機動戦士ガンダムUC』の始まりから終わりまで 古橋一浩監督、サンライズ小形尚弘プロデューサーインタビュー 後編

『機動戦士ガンダムUC』の始まりから終わりまで 古橋一浩監督、サンライズ小形尚弘プロデューサーインタビュー 後編
『機動戦士ガンダムUC』の始まりから終わりまで 古橋一浩監督、サンライズ小形尚弘プロデューサーインタビュー 後編
       
最終章を迎えた『機動戦士ガンダムUC』について、古橋一浩監督とサンライズ小形尚弘プロデューサーに伺うインタビュー後編。今回は古橋監督にとってのガンダムや、監督とプロデューサーが薦めるepisode 7 「虹の彼方に」に見どころなどを紹介する。

■ 古橋監督にとってのガンダム

――監督にとって『ガンダム』はなんでしょうか?

古橋一浩監督(以下古橋) 
う~ん、なんでしょうね……。すぐには思いつかないですね。

――心地よいものなのか、あるいは苦しいものなのでしょか。シャア的に言えば、『ガンダム』という重力にとらわれている人が世の中には多いのですが。

小形尚弘プロデューサー(以下小形) 
古橋さんは、『ガンダム』じゃなくて『ヤマト』にとらわれている人です。

古橋 
SFアニメの映像的な原体験がそれなので。見たのが14歳だし。『ガンダム』は、18歳でした。

小形 
客観的に見られる人ですよね。たぶんファーストガンダムしか頭に入ってない。
だから、ガンダムの良い部分、悪い部分を客観的に見られていると思うんです。

古橋
ファーストガンダムは自分のなかに残っていますよ。

――ファーストガンダムが残っているのはなぜですか?

古橋 
ファーストガンダムは戦争ドラマですよね。全体が明快で、どこに行くかも見えるようで乗りやすかった。
ただ、番組が始まる前、スタジオぬえの加藤(直之)さんの実家に進路相談に行ったときに、「こんなの始まるよ」と話を聞いて、ハードルを上げ過ぎたところもあって、1話はほかの人が言うようなインパクトはなかったんです。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「化物語」のニュース

次に読みたい関連記事「化物語」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「機動警察パトレイバー」のニュース

次に読みたい関連記事「機動警察パトレイバー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ログ・ホライズン」のニュース

次に読みたい関連記事「ログ・ホライズン」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年6月6日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。