「ドラゴンボールZ 神と神」 800スクリーンで8月5日に米国・カナダ公開

8月5日から米国とカナダでスタートする劇場アニメドラゴンボールZ 神と神』の公開規模が、当初の予定よりさらに拡大する。ファニメーション(FUNimation Entertainment)とScreenvision、Fathom Eventsが手がける『ドラゴンボールZ 神と神』の北米公開は、当初約400スクリーン規模を予定していた。
しかし、作品への関心は高く、新たに350スクリーン程度がこれに加わることになった。合計でおよそ800スクリーンとなり、イベント形式の公開ではかなり大規模となる。上映日は当初からの劇場は8月5日、6日、7日、9日の4日間、後からの350スクリーンは8月5日、6日の2日間を予定する。

『ドラゴンボールZ 神と神』は、原作の鳥山明さんが自ら脚本に関わる完全オリジナルストーリーで、いままで語られないエピソードを映像化した作品だ。日本では2013年3月に全国公開、興収は約30億円の大ヒットになっている。
米国の映画興行は、劇場数は多いが国内大作志向の強い。このため海外のアニメーション作品が大規模に上映する機会は少ない。今回の上映も4日間の限定公開となるが、それでも約800スクリーンは他にない大規模なものとなる。

企画の実現は、「ドラゴンボール」シリーズが1990年代から長年にわたり米国、カナダで高い人気を誇っていることも理由にある。90年代のテレビ放送から、「ドラゴンボール」シリーズは米国で最もよく知られた...続きを読む

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2014年7月18日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。