コミケもびっくり! 今夏開催、台湾・漫画博覧会の参加者が史上最高60万人を突破

コミケもびっくり! 今夏開催、台湾・漫画博覧会の参加者が史上最高60万人を突破
台湾・第15回漫画博覧会
世界各地でポップカルチャーをテーマにしたイベントが大人気、その参加者数はうなぎ上りだ。その中で一体どれが最も大きなイベントだろうか?パリ・ジャパンエキスポ23万人、米国サンディエゴ・コミコン約40万人、日本のコミックマーケット50万人から60万人などが上がるに違いない。
しかし、日本の隣の台湾に、これに匹敵する巨大イベントがある。毎年夏に開催される台湾・漫画博覧会には、数十万人単位のアニメ・マンガファンが押しかける。本年も台北市の世界貿易中心(世界貿易センター)で、8月7日から12日まで第15回が開催された。この期間中の来場者数は初めて60万人を突破、過去最高の60万500人に達した。開催期間が6日間と長いものの2013年の日本のコミックマーケット84の約59万人を上回ったかたちだ。

イベントが大きくなればなるほど来場者数の把握は難しく、比較も容易ではないが、それでも台湾の漫画博覧会が世界有数のポップカルチャーイベントであることは間違いない。出展企業63社、出展小間数530、会場に設けられたステージ3ヶ所、サイン会の数40といった数字からもそれは理解出来るに違いない。とりわけ人口比での来場者数は群を抜いていると言っていいだろ。

そして、日本から興味深いのは、漫画博覧会で扱われるマンガやアニメ、小説などでの日本のコンテンツの割合が非常に高いことだ。ステージイベントやサイン会には、日本の最新作や、

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年8月16日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。