富野総監督「アニメを再び、子どもの手に」、『ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版』舞台挨拶レポート

富野総監督「アニメを再び、子どもの手に」、『ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版』舞台挨拶レポート
富野総監督「アニメを再び、子どもの手に」、『ガンダム Gのレコンギスタ 特別先行版』舞台挨拶レポート
『機動戦士ガンダム』から35年。その記念の年を飾る2014年、大本命作がいよいよヴェールを脱ぐ。『ガンダム』の生みの親でもある富野由悠季が完全新作『ガンダム Gのレコンギスタ』を世に送り出した。
10月のテレビ放映スタートに先だち、本作は8月23日(土)から9月5日(金)の2週間限定で全国13箇所の映画館にて第1話から第3話までをまとめた特別先行版が上映中だ。その舞台挨拶が8月24日(日)、新宿ピカデリーで行われた。
登壇者は石井マークさん(ベルリ・ゼナム役)、嶋村侑さん(アイーダ・スルガン役)、佐藤拓也さん(ルイン・リー役)、そして原作・脚本・総監督の富野由悠季さんだ。司会進行は松澤千晶アナウンサーが担当した。

『ガンダム』シリーズの新作を手がけるのは『∀ガンダム』以来15年ぶりとなる富野総監督だ。本作を制作できるようになったのはファンの方々のおかげです、とした上で、「35年間の歴史の中で『ガンダム』は徐々に大人のものになっていってしまった。60才を迎えて孫を持つようになった時に、この状態で本当にいいのだろうかと考えるようになりました」と作品構想の発端を語った。

『特別先行版』の見どころについて、石井さんは「アニメのレギュラーをやるのは初めてのことだったので、気合いを入れて第1話に臨みました。ベルリはキャラクターをどう提示するのか、試行錯誤しながら演じた第1話の冒頭は注目してください。あとは第2話の後半にとあるシーンがあります。そこもぜひ注目してほしいと思います」と語った。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「エヴァンゲリオン」のニュース

次に読みたい関連記事「エヴァンゲリオン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「魔法少女まどか☆マギカ」のニュース

次に読みたい関連記事「魔法少女まどか☆マギカ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「仮面ライダー」のニュース

次に読みたい関連記事「仮面ライダー」のニュースをもっと見る

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年8月24日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。