森本晃司最新作、15秒で表現したアニメーション公開 ポストロックバンド「MONO」とコラボ

森本晃司最新作、15秒で表現したアニメーション公開 ポストロックバンド「MONO」とコラボ
 
『MEMORIES/彼女の想いで』や『Animatrix』の監督、そして映画『AKIRA』の作画監督補佐として日本を代表するアニメーション監督、アニメーターとして知られるのが森本晃司さんだ。彼がこの10月に新たなアニメーション映像を世に放った。
作品は「Rays of Darkness & The Last Dawn」とタイトルされた長さ15秒のショートアニメーションだ。1999年より日本だけでなく世界を股にかけて活躍するポストロックバンドMONOと森本晃司さんがコラボレーションしたものだ。

長さは短いが、森本晃司らしさ満載の上質のアニメーションで、ファンには必見だろう。森本晃司の得意とするビジュアルショックで、尖った毒気を持つ作品となっている。
音楽は勿論MONOによるものである。彼らの新曲「Recoil, Ignite:リコイル・イグネイト」にシンクロしたクールで美しく、そして少しグロテスクな映像が繰り広げる。
映像は森本晃司さんが、この曲を聴いた瞬間にインスピレーションを受けたことで、コラボレーションが決定したという。森本晃司さんがいま1番描きたいものを好きな音で作り上げた。2014年の森本晃司さんが時代から何を感じ取り、何を届けようとしているのかも分かるに違いない。

KOJI MORIMOTO×MONO
Rays of Darkness & The Last Dawn (Official Trailer Video)...続きを読む

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2014年10月23日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。