「名探偵ホームズ」友永和秀氏(作画監督・原画)インタビュー後編 “アニメーションの面白さを実感した作品”

「名探偵ホームズ」友永和秀氏(作画監督・原画)インタビュー後編 “アニメーションの面白さを実感した作品”
「名探偵ホームズ」友永和秀氏(作画監督・原画)インタビュー後編 “アニメーションの面白さを実感した作品”
11月21日に『名探偵ホームズ』初のBlu-ray BOXが発売された。インタビューに答えていただいた友永和秀さんは、今までに数々の名作の名シーンを手掛け、2015年には30年ぶりとなる新シリーズ『ルパン三世』の総監督を担当する。
インタビュー前編に引き続き、制作した当時の話、そして『名探偵ホームズ』について伺った。
[取材・構成:藤津亮太、沖本茂義]

『名探偵ホームズ』Blu-rayBOX
https://www.bandaivisual.co.jp/cont/item/BCXA-0908

■ アニメ変革期における『ホームズ』

―『ホームズ』がつくられた当時は、アニメがいろんな意味で「リアル志向」を意識し始めた時期だったのではないでしょうか。

―友永和秀(以下、友永)
たしかに「名作シリーズ」あたりからアニメーションのつくり方が変化してきましたよね。リアルな画面づくりがされるようになってきて。「もう少し現実的な絵を描けるといいな」と思うことはありましたが、今のように、「何ミリレンズを使って撮ったら」と考えてレンズの微妙な歪みを絵で再現するような意識はありませんでした。極端にカッチリつくるとつまらなくってしまうので。そのあたりは時代の変化を感じるところですね。

―そういう意味で、『ホームズ』はマンガチックさと、リアル志向がほどよく融合しているという作品ですね。

―友永 
空間のとらえ方が現実的であれば、キャラクターがマンガっぽいコミカルなことをやってもウソには見えませんよね。キャラクターが地に足をついて動いている感じはちゃんとある。その部分は当時も意識していました。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ルパン三世 + 実写」のおすすめ記事

「ルパン三世 + 実写」のおすすめ記事をもっと見る

「ルパン三世 + 映画」のおすすめ記事

「ルパン三世 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「新世紀エヴァンゲリオン」のニュース

次に読みたい関連記事「新世紀エヴァンゲリオン」のニュースをもっと見る

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年12月27日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

  1. ルパン三世 実写
  2. ルパン三世 映画

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。