小学生向け「アニメーション・ワークショップ」 環境問題とアニメの仕組みを学ぶ

アニメーション・ワークショップ ~環境問題を考えながら、映像の仕組みを体験しよう~」が東京・お台場のソニー・エクスプローラサイエンスにて3月1日に開催される。
小学生を対象としたワークショップで、身近な環境をテーマにしたクレイアニメーション作りを学ぶことを目的としている。また環境問題に加えて、アニメの仕組みやチームワークの大切さも体感することができる。

このワークショップは、資源をテーマにしたストーリーを自分たちで考え、登場するキャラクターを粘土で作り、クレイアニメーションを制作するという内容だ。身近な環境問題について学び、グループ制作を体験できる格好の機会となる。
会場のソニー・エクスプローラサイエンスは、ソニーのエレクトロニクス製品や最新技術を学べる体験型科学館である。それゆえ、ワークショップでは実際に映像技術を活用し、アニメーションの仕組みなども詳しく知ることができる。
講師には東京造形大学・サステナブルプロジェクトの山際康之教授を迎え、同大学の学生スタッフの協力により作品を作り上げていく。制作したアニメーションはダウンロードして自宅でも観賞できるため、思い出作りという意味でも見逃せない企画と言えるだろう。

参加対象者は小学生の児童30名で、保護者もワークショップの模様を見学できる。参加費用は無料だが、ソニー・エクスプローラサイエンスの入館料が別途必要となる。大人(16歳以上)が500円、小人(3歳から15歳)が300円だ。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2015年2月3日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。