井上雄彦の大ヒットマンガ『SLAM DUNK(スラムダンク)』は1993年より東映アニメーションによりアニメされ、大人気を博した。その作品はいまに至るまで日本だけでなく世界中で人気を博している。
7月8日には、東映ビデオよりシリーズの劇場映画ばかりを集めた「SLAM DUNK THE MOVIE Blu-ray」が発売される。1994年のSLAM DUNK『』『全国制覇だ!桜木花道』、1995年の『湘北最大の危機!燃えろ桜木花道』『吠えろバスケットマン魂!!花道と流川の熱き夏』の4本を収録する。たっぷり153分、『SLAM DUNK』を堪能出来るアイテムだ。

劇場映画がBlu-rayになる一方で、逆にテレビシリーズの名作を劇場スクリーンで観る企画が実施されることになった。7月10日から31日まで、東京・新宿バルト9、大阪・梅田ブルク、福岡・T・ジョイ博多の3館で「Blu-ray 発売記念 SLAM DUNK ベストプレイ上映」が開催される。
各劇場全3回、テレビシリーズから各4話をピックアップする。さらに新宿バルト9、梅田ブルク7では声優陣をトークゲストに招く回も設けられている。桜木花道役の草尾毅、木暮公延役の田中秀幸、三井寿役の置鮎龍太郎らを予定している出演イベントの詳細は特設サイトで確認できる。

そして気になるのはセレクトされたエピソードだろう。これは2014年にテレビアニメ20 周年を記念して実施した「みんなが決めるSLAM DUNK 名台詞」より上位にランキングされたベストプレイを含むエピソードを「湘北VS海南編」「湘北VS陵南編」「三井寿編」の3回構成にしている。