米国最大の書店チェーンBarnes & Noble 全店でアメコミ/マンガスペースを倍増

米国最大の書籍チェーンのバーンズ&ノーブル(Barnes & Noble)は、同社が運営する全店舗でグラフィックノベルとマンガの販売スペースを従来の2倍に拡充すると発表した。併せて、両ジャンルのプロモーションも強化する。
グラフィックノベルは単行本スタイルのアメリカンコミックスで、リーフと呼ばれる雑誌スタイルの冊子が専門店やスタンドで主に販売されるのに対して書店で扱われている。一方、マンガは日本のマンガや日本マンガスタイルの作品だ。大半はグラフィックノベルのかたちで出版されるが、個別のジャンルとして分けられることが多い。今回バーンズ&ノーブルは発表にあたり「グラフィック」と「マンガ」を併記しており、日本のマンガの書棚も大幅に増えそうだ。
バーンズ&ノーブルは全米に約650店舗、そしてネットショップを持つ巨大書籍チェーン。2011年のボーダーズ(Borders Group)の経営破綻後は、米国の書店チェーンで一強となっている。その影響力は大きい。

スペース拡大についてバーンズ&ノーブルは、グラフィックノベルとマンガの需要増大に対応するためとしている。グラフィックノベルとマンガの売上は過去10年間で大きく伸びており、ここ数年は特に顕著だという。これは出版社のジャンル強化、デジタル配信の進展、イベントでの盛り上がり、映画化による関心の増大、ネットやSNSを通じた話題の広がりによるものだという。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2015年7月13日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。