西尾鉄也が描く国語の参考書 太宰治、坂口安吾から山田詠美まで、名作をカラーイラストに

西尾鉄也が描く国語の参考書 太宰治、坂口安吾から山田詠美まで、名作をカラーイラストに
 
日本を代表するアニメーターの西尾鉄也さんがイラストを手がけた国語の参考書が、この7月に登場する。学習参考書で定評のある旺文社は、「標準問題精講国語特別講義 読んでおきたいとっておきの名作25」を7月25日に刊行する。
本書は、受験勉強をはじめるあたり様々な学習の基礎となる読解力を身につけるための文章読本で、高校生に向けて編集されている。古今東西、時代も超えた25の名作を教材として取り上げる。

登場する作品は『心の平静について』(セネカ)や『源氏物語』(紫式部)などの古典から、近松門左衛門、トルストイ、プーシキン、堀辰雄、太宰治などの近現代の文学、さらに現代の小説まで幅広い。沢木耕太郎や藤沢周平、山田詠美、有川浩といった身近な作家も並ぶ。
これらの作品をテーマに、西尾鉄也さんがカラーグラビアイラストを描いている。西尾さんは『人狼 JIN-ROH』や『スカイ・クロラ』の作画監督をはじめ、数々の人気アニメで活躍し、アニメファンから絶大な支持を誇る。
今回描いたイラストも、ファンには堪らない西尾テーストに溢れている。そして取り上げた作品は、太宰治の『女生徒』、トルストイ『アンナ・カレーニナ』、坂口安吾『桜の森の満開の下』、山田詠美『放課後の音符「Crystal Silence」』など多彩だ。

もちろん文章読本としても本書は本格派だ。海外文学、小説、エッセイ、詩、古文など多様な作品を読みこなすことで、読解力の基礎を身につけることを目指す。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2015年7月13日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。