第28回東京国際映画祭 アニメ・特撮も見逃せないラインナップを発表、注目の作品は?

第28回東京国際映画祭 アニメ・特撮も見逃せないラインナップを発表、注目の作品は?
 
9月30日、東京・六本木アカデミーヒルズにて、第28回東京国際映画祭のラインナップ発表会が開催された。この場で期間中上映される作品が一挙に明らかになった。椎名保ディレクター・ジェネラルらが登壇し、本年の作品セレクションの方針、映画祭のコンセプトなどを説明した。
映画祭の華ともいうべきコンペティション部門では、世界86ヵ国から応募された1409本の中から16本が選ばれた。今年の話題はこの中に日本から3作品が含まれたことだろう。小栗康平監督の『FOUJITA』、中村義洋監督の『残穢【ざんえ】―住んではいけない部屋―』、深田晃司監督の『さようなら』だ。会見には3監督に加えて、『残穢【ざんえ】』主演の竹内結子がゲストに登壇し、映画祭に対する意気込みを語った。

アニメファンには、『残穢【ざんえ】』が興味深い作品になりそうだ。本作は小野不由美のホラー小説を実写映画化したものだ。小野不由美は、テレビアニメシリーズ『十二国記』や『屍鬼』『ゴーストハント』の原作でもよく知られている。
主演の竹内結子が、怖くてしばらく台本に手がつけられながったという怖いストーリーとのこと。芸術性の高い作品が集まるコンペティション部門では異色作である。審査委員長であるブライアン・シンガーら審査員が本作をどう観るのか気になるところだ。

映画祭はこのほか、「アジアの未来」「特別招待作品」「日本映画スプラッシュ」「寺山修司生誕80周年」「高倉健と生きた時代」「生誕100年オーソン・ウェルズ─天才の発見」「ワールドフォーカス」「Japan Now」「日本のいちばん怖い夜」など数多くの部門が設けられている。期間中の上映作品は200本近くにもなる。ラインナップからは、「アジア」や「若手の重視」が読み取れる。また寺山修司、高倉健、オーソン・ウェルといった複数の回顧特集は映画祭ならではの企画だ。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月4日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。