【TAAF2016】「TOUT EN HAUT DU MONDE」 フランス・デンマーク合作の手描きアニメーション

【TAAF2016】「TOUT EN HAUT DU MONDE」 フランス・デンマーク合作の手描きアニメーション
『TOUT EN HAUT DU MONDE』スタッフ
「東京アニメアワードフェスティバル2016」(TAAF)の国際コンペディション部門には長編24作品、短編522作品の応募が寄せられた。開催二日目の3月19日には、長編アニメーション部門ノミネート作品『TOUT EN HAUT DU MONDE』(英題 LONG WAY NORTH)が上映され、メインスタッフによる質疑応答が行われた。

『TOUT EN HAUT DU MONDE』はRemi Chaye監督が手がけたフランスとデンマークの合作映画である。19世紀後半のロシアを舞台に、北極探検船の艦長である祖父を追って、サンクトペテルブルクから極北を目指す少女・サーシャの冒険を描いている。
海外での手描きのアニメーションや、輪郭線を持たない独特なキャラクター表現、北極の寒さが伝わってくるほどの雪と氷の世界が観客を魅了した。本編が終わってスタッフロールが流れ出すと、会場は大きな拍手に包まれた。

上映後には、作画監督のLiane-Cho Han、プロデューサーのDYENS RONが登壇した。まずLiane-Cho Hanは、Remi Chaye監督の意図について「アニメでありがちな世界観とは異なる方向性を目指すため、ペースの早いストーリーやジョークなどを排するようにした」と説明。それはリスキーな賭けでもあったが、小さな子供たちも作品を楽しんでいる姿を見て、自分たちの考えが正しかったと実感できたそうだ。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2016年3月21日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。