高浩美のアニメ・マンガ×ステージ評 「ペルソナ4」「戦国BASARA」「戦国無双」

高浩美のアニメ・マンガ×ステージ評 「ペルソナ4」「戦国BASARA」「戦国無双」
高浩美のアニメ・マンガ×ステージ評 「ペルソナ4」「戦国BASARA」「戦国無双」
高浩美のアニメ・マンガ×ステージ
第173回

■舞台『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』

2014年に上演された舞台『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』、今回の舞台『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』は、前作の”その後”の話になる。
おなじみの楽曲が流れ、足立透が登場、出だしは、ちょっと思わせぶり、それからキャラクターが全員登場する。そしてこの作品のキーマン、皆月翔、自称”黒幕”、二刀流でめっぽう強い、「お前の力が必要」と足立に言う。

前回と異なり、今回は3D映像で『ペルソナ4』の世界を舞台上に”再現”するが、特に戦いの場面や「ペルソナ~!!」とキャラクターが叫んだ後の映像は圧巻で、舞台を傍観する、というよりも物語の中で”体験する”といった感覚だ。また巽 完二演じる滝川英治が3Dで登場する自身との共演は必見シーン、演じる方は難しいと思うが、動きをシンクロさせていてコミカルで率直に面白い。映像だけの真田明彦との掛け合いも俳優陣にとってはなかなかやりにくい場面ではあるが、こちらも稽古の成果が垣間みられる。ゲーム・アニメと同役で真殿光昭が演じる足立透は、もうそのものでファンには嬉しいポイントであろう。
物語は、足立透の思惑、企み、そして皆月翔を中心に進行する。この二人の心の奥底は孤独で寂しく、性根が垣間見えた瞬間はどこか哀しい。足立と鳴上の生い立ちは似ており、鳴上は仲間との絆を育んだが、足立は他者との関わり合いを拒んでしまい、”光”と”影”のような立ち位置に。皆月は彼自身の中に真逆なものを内包させ、それが彼を悩ませる。彼らの心理的な状況は一種、哲学的だ。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2016年7月10日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。