これぞ“人生の夏休み” 自分らしさを模索する青年の成長譚「ばらかもん」【夏に見たいアニメ、この一本】

ばらかもん』という作品がある。九州地方は長崎県・五島列島の方言で「元気者」を意味するこのアニメは、ヨシノサツキ氏の漫画作品を映像化したものだ。2014年の7月から9月にかけて全12話が放送され、動画配信サービスではバンダイチャンネルやHuluなどで取扱いがある。このたび、学生向けに「夏休みに一気見してほしいアニメ」を紹介するという企画に参加させて頂くにあたり、筆者はこの『ばらかもん』をオススメしたい。

本作のあらすじを簡単に説明する。主人公・半田清舟は書道界の家元の跡継ぎであり、自身も23歳という若さながら書道家として頭角を現し始めた青年だ。清舟はとある受賞パーティーで、自身の作品を書道界の重鎮(作中では館長と呼ばれている)から酷評されたことに腹を立て、その館長に暴力を振るってしまう。それを見かねた清舟の父が、謹慎として五島での生活をさせることにしたという背景だ。清舟は、東京とは何もかもが違う環境に四苦八苦しながらも、五島の住人との触れ合いを通して人間的に成長していく。

私がこのアニメをオススメする理由は、本作が“自分らしさ”を模索する物語という点にある。

ここで、館長が清舟の作品を評したセリフを引用したい。「まだ若いのに、型にはまった字を書くね」「手本のような字と言うべきか、賞のために書いた字と言うべきか」「君は平凡という壁を乗りこえようとしたか?」。また、清舟の性質を分かりやすく表している設定に「子どもの頃の成績は4と5しか取ったことがない」というものがある。このことから読み取れるように、清舟はいわゆる“お利口さん”な人間だ。優秀である反面、自分の殻を破ることができない。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年8月11日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。