「サイボーグ009」牧野由依が女性将校役に 東京国際映画祭舞台挨拶にも登壇

「サイボーグ009」牧野由依が女性将校役に 東京国際映画祭舞台挨拶にも登壇
「サイボーグ009」牧野由依が女性将校役に 東京国際映画祭舞台挨拶にも登壇
2016年11月25日よりイベント上映が行われる『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』の新たなキャラクターが発表された。そのキャラクターは物語のキーパーソンとなるカタリーナ・カネッティ中尉で、声を演じるのは牧野由依に決定した。

『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』は石ノ森章太郎の『サイボーグ009』を原作とした、新作フル3DCGアニメーションである。全3章の制作が決定し、11月25日から第1章の2週間限定上映が行われる。
第1章の物語は、異能を持ち、歴史を操ってきたという「ブレスト」が再び不穏な胎動を始めたことから始まる。国連軍ガーディアンズが設立して以来、隠遁生活を送っていたサイボーグ009戦士たちの元に、その「ブレスド」の存在に勘付いたジャーナリストのルーシー・ダベンポートが現れる。そこで謎のキューブを渡され、開いた瞬間「ブレスド」からの襲撃を受けてしまった。そこから「ブレスド」に狙われることになるが、国連軍ガーディアンズはサイボーグたちの行動を自作自演ではないかと疑惑を持ち、四面楚歌の中サイボーグ戦士たちは戦いに身を投じることになる。

今回発表されたのは新キャラクター、カタリーナ・カネッティ中尉、冷静沈着な女性将校である。サイボーグ戦士たちを危険視し、軍の命令で彼らを追う。しかし隊員たちも知らない“ある秘密”を抱え、物語の中で重要な鍵を握る人物であることが明かされている。この中尉の声を演じるのは、声優とアーティスト、さらにピアニストとしても活動する牧野由依だ。
牧野由依は、10月25日よりスタートした第29回東京国際映画祭のワールドプレミア舞台挨拶に登壇することも決定した。舞台挨拶は11月1日に実施、どのようなトークが繰り広げられるか注目だ。

『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』
2016年11月25日(金)より各章2週間限定 劇場公開

(c)2016「CYBORG009」製作委員会

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2016年10月26日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「機動警察パトレイバー」のニュース

次に読みたい関連記事「機動警察パトレイバー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「超時空要塞マクロス」のニュース

次に読みたい関連記事「超時空要塞マクロス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「東のエデン」のニュース

次に読みたい関連記事「東のエデン」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。