学びにつながるマンガは? 「バクマン。」「バーナード嬢曰く。」ら50作品が選出

学びにつながるマンガは? 「バクマン。」「バーナード嬢曰く。」ら50作品が選出
学びにつながるマンガは? 「バクマン。」「バーナード嬢曰く。」ら50作品が選出
日本のマンガの持つ「楽しさ」や「わかりやすさ」新しい世界との出会いや、学びのきっかけにつながるマンガを選定する「これも学習マンガだ!~世界発見プロジェクト~」を日本財団が実施している。
10月25日には、2015年に選定・発表した100作品に加え、新たに選定された50作品を発表する場が設けられた。

今回発表となった50作品は、マンガ家の里中満智子をはじめ、中村伊知哉(慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授)、佐渡島庸平(コルク代表取締役)ら、各界の有識者10名で構成する選書委員会が選定した。
その中には文学作品から『黄色い本 ジャック・チボーという名の友人』『バーナード嬢曰く。』が入り、「生命と世界」の部門には『聖☆おにいさん』など4作品が選ばれた。

ほかには芸術部門から7作品、社会部門から4作品、職業部門から7作品が選出。職業部門には週刊少年ジャンプで連載され、アニメから実写映画化も果たした『バクマン。』の名前もある。
これ以外にも生活部門ではあずまきよひこの『よつばと!』、スポーツ部門では『グラゼニ』『GIANT KILLING』など、若い層にも人気のある作品の名前も。
その一方で藤子・F・不二雄が1969年に発表した『モジャ公』が科学・学習部門にラインナップされていたりと、ジャンルだけでなく年代も幅広い作品が集まった。

公式サイトでは「これも学習マンガだ!」と関連したキャンペーン「これが俺の学習マンガだ!」がスタート。
これは自分にとってかけがえのない「学習マンガ」を投稿して個人ランキングを作成。さらにはSNSでシェアもできる企画だ。投稿されたデータは最終的にまとめられ、12月中旬には総合ランキングとして発表を予定している。

今回新たに選出された50作品は、立川まんがぱーくの特集棚に追加されている。昨年度選出100作品と合わせてすべての作品を確認できるので、興味のある人は立ち寄ってみるといいだろう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2016年10月26日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら