細田守がTIFF2016に登壇 「デジモン」「おジャ魔女」を解き明かす 「東映にかけられた呪いが今も解けない」

細田守がTIFF2016に登壇 「デジモン」「おジャ魔女」を解き明かす 「東映にかけられた呪いが今も解けない」
東京国際映画祭「映画監督 細田守の世界」
10月27日、第29回東京国際映画祭のアニメーション特集「映画監督 細田守の世界」のプログラム「作家性の萌芽 1999-2003」が開催された。会場のTOHOシネマズ六本木ヒルズ スクリーン8では、劇場デビュー作の『劇場版デジモンアドベンチャー』をはじめ、東映アニメーション時代の短編・中編やテレビアニメが上映された。トークショーには細田守監督とアニメ・特撮研究家の氷川竜介が登壇し、初期作品を振り返った。

細田監督は今回のラインナップについて「思い出深い作品が並んでいて、懐かしい気持ちでいっぱいです」とコメント。満席の客席に向けて「劇場公開時に作品を観ていた人はいますか?」と問いかけると複数のファンから手が挙がった。これに細田は「むかし会った人と久々に再会した感じで嬉しいです。同窓会みたいですね」と笑顔を見せた。
まず『劇場版デジモンアドベンチャー』について、テレビシリーズが放送されるか分からないまま取りかかったと状況を説明した。制作末期にテレビアニメ化も決定したため、テレビに繋がるシーンをつけ加えたところ、映画誌に前日譚と紹介されてショックだったと話す。それほど「一本の独立した作品にしたい」「映画を作りたい」という想いが強かったのだ。

テレビアニメである『おジャ魔女どれみドッカ~ン!』40話「どれみと魔女をやめた魔女」でもその信念は変わらなかった。自分の進路に悩むどれみが元魔女の未来と出会うエピソードについて、細田は「どれみが未来さんとヴェネツィアへ行ってもよいのではないか?」と思いながら描いていたそうだ。ゆえに最後のどれみのセリフは「未来さん、あたしも」と、一緒についていくようなニュアンスにするはずだったと打ち明ける。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2016年10月29日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら