「デスノート Light up the NEW world」佐藤信介監督インタビュー 死神と人間が紡ぎ出す機微を映画的に描く

――映画『デスノート』としては10年ぶりの新作となります。作っていくなかでこの映画に込めた思いというのはどういうものだったのでしょうか。

佐藤
10年前には死神が映像化されたことだけでも、見た人にとって驚きだったと思うんです。でもその驚きはもう二度と体験できません。じゃあ今回、別種の驚きを見せられないか考えました。それは原作にある「次のページをめくると次に何が起こるのか全く分からない」というところにあるのではないかと。原作に添ったストーリーだと見る人にとっては照らし合わせになってしまう。「今までの『デスノート』は結末まで知っているけど、今回の『デスノート』はどうなるんだろう」という楽しみ、今しか味わえない楽しみをこの映画のなかで与えられたらいいなと思っています。

それからもうひとつ。死神がいて、息をして、生身の人間と向かい合っているということ。昔、アニメと人間が同じ世界で共演する『ロジャー・ラビット』という作品があって、当時は「そんなことがあっていいのか!?」と思いましたが、今回の『デスノート』でやっているのもそれでした。人間と死神が普通に共演していて、死神がどんな感情を抱いているのか見ている方が想像する。死神に対しても人間と同じように見てもらえたらいいなあと思っています。

――実存感のようなものですね。

佐藤
あと、今回はオリジナル要素が多いので少し違いますが、原作ものを映画化する際によくあるのは、そのまま描いてもビビッと来ない時です。原作となる小説や漫画はいろんな機微も含めて絶妙なバランスで作り上げられた傑作だったりするので、それをちょっとでも変えるとぜんぜん違って見える、ということがあります。特に映画化というのはメディアが変わってしまうのでいろんなバランスが一度グチャッと崩れてしまう。そこに映画の時間の流れや絵の運び方を当てはめて、映画そのもののおもしろさを加味していくと、もう一回蘇ってくるんです。だから最後の最後は「映画としての良さを追求していくこと」で原作ファンにも、よかった、と思ってもらえるものになっていくのかなと思っています。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. デスノート アニメ
  2. デスノート ドラマ
  3. デスノート 映画
アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2016年11月2日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「デスノート + 映画」のおすすめ記事

「デスノート + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

「デスノート + 漫画」のおすすめ記事

「デスノート + 漫画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「SHIROBAKO」のニュース

次に読みたい関連記事「SHIROBAKO」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。