「劇場アニメ最前線」片渕須直、神山健治、瀬下寛之が今後の挑戦を明かす

「劇場アニメ最前線」片渕須直、神山健治、瀬下寛之が今後の挑戦を明かす
「劇場アニメ最前線」片渕須直、神山健治、瀬下寛之が今後の挑戦を明かす
2016年10月29日(土)、東京・神楽座にて、第13回文化庁映画週間の一環として、映画文化の最新動向を紹介するシンポジウムが開催された。今年のテーマは「アニメと映画」。「劇場アニメ最前線~君は映画を信じるか」と題された本シンポジウムの第一部では、アニメ映画の第一線で活躍するクリエイターをゲストとして招き議論が交わされた。

登壇したのは、『アリーテ姫』(2001年)や『マイマイ新子と千年の魔法』(2009年)の監督を務め、今年11月に新作劇場アニメ『この世界の片隅に』の公開を控えた片渕須直監督、TVシリーズ『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』シリーズ(2002・2004年)や『東のエデン』シリーズ(2009-2010年)の監督を務め、現在は新作『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』三部作(2016年)の公開を間近に控え、また2017年3月に公開予定の『ひるね姫~知らないワタシの物語~』を制作中の神山健治監督、セルルック3DCGアニメ『亜人』三部作(2016年)やTVアニメ『シドニアの騎士』シリーズ(2014-2015年)で監督等を務め、現在は新作『BLAME!』を制作中の瀬下寛之監督、そしてモデレーターとして井上伸一郎の4名。それぞれのアニメーションへの取り組みを通して、日本映画の未来への展望が語られた。

まず、井上から3名それぞれの映画の原体験は何だったかという質問が。

当時の記事を読む

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「この世界の片隅に」に関する記事

「この世界の片隅に」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「この世界の片隅に」の記事

次に読みたい「この世界の片隅に」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年11月4日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

  1. この世界の片隅に アニメ
  2. この世界の片隅に ドラマ
  3. この世界の片隅に 映画

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。