TAAF「アニメーション大国の誕生」レポート 70年代のTVアニメを特集上映

TAAF「アニメーション大国の誕生」レポート 70年代のTVアニメを特集上映
TAAF2017「アニメーション大国の誕生~アニメーションが“アニメ”になった時代」左から数土直志、高橋望、南雅彦
       
3月13日、「東京アニメアワードフェスティバル2017」のアニメ100周年記念プログラム「アニメーション大国の誕生~アニメーションが“アニメ”になった時代」が新文芸坐にて開催された。TVアニメが質量ともに発展を遂げた1970年代に焦点を絞り、特別映像の上映と有識者によるトークが行われた。

「アニメーション大国の誕生」では、70年代のTVアニメを厳選した約70作品の特別映像が上映された。ラインナップの中には『あしたのジョー』、『ルパン三世』、『科学忍者隊ガッチャマン』、『アルプスの少女ハイジ』、『機動戦士ガンダム』などの名作も多く見られ、その充実ぶりが実感できた。
日本のアニメ制作会社は、1956年に東映動画が設立され、1960年代に虫プロ、タツノコプロ、東京ムービー、Aプロ、1972年にはサンライズが設立された。制作体制の基盤ができあがったことで、バラエティ豊かな作品たちが生まれていった。
特別映像のインタビューには、アニメ監督の笹川ひろし、黒田昌郎、高橋良輔が出演。笹川はタツノコプロ、黒田は東映動画と日本アニメーション、高橋は虫プロとサンライズについてのエピソードを話し、それぞれの視点からアニメの魅力や今後の課題について持論を展開した。

トークショーには日本テレビ プロデューサーの高橋望、ボンズ 代表取締役の南雅彦が登壇。ジャーナリストの数土直志の進行で70年代を振り返った。高橋は「今のアニメで起きていることが、70年代の時点ですでに起きている」と指摘し、その一つに続編の多さを挙げた。70年代は「科学忍者隊ガッチャマン」「
アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「新世紀エヴァンゲリオン」のニュース

次に読みたい関連記事「新世紀エヴァンゲリオン」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「のんのんびより」のニュース

次に読みたい関連記事「のんのんびより」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ワールドトリガー」のニュース

次に読みたい関連記事「ワールドトリガー」のニュースをもっと見る

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年3月15日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。