テレビアニメSeason2も絶好調な滑り出しを見せている『進撃の巨人』。そんな本作の新たなメディアミックスとして注目を集めている舞台化だが、出演者たちのビジュアルが届いた。三浦宏規演じるエレン・イェーガー、佃井皆美演じるミカサ・アッカーマン、阪本奨悟演じるアルミン・アルレルト、そして遠藤雄弥演じるリヴァイのビジュアルが発表され、その再現度の高いビジュアルに、早くも期待が高まっている。

今回の舞台はライブ・インパクト『進撃の巨人』と題され、世界を知るクリエイターが集結し、150 名という破格のキャスト数や、ワールドクラスのパフォーマーが彩るステージングになるとアナウンスされ、話題を呼んでいる。
さらに今回の発表にあわせて、新キャラクター9 名の登場が明らかとなった。エレンの挫折と成長の物語に不可欠であるマルコ・ボット、トーマス・ワグナー、ハンネス、カルラ・イェーガー。そして死力を尽くす精鋭兵士であるハンジ・ゾエ、ペトラ・ラル、イアン・ディートリッヒ、リコ・ブレツェンスカ、ミタビ・ヤルナッハがそれぞれ登場することが発表された。

今回ビジュアルが公開された4人のキャストからコメントも届いている。エレンを演じる三浦は「びっくりしたり、ワクワクしたり、プレッ シャーを感じたりと色んな感情が体を駆け巡っています」と今の心情を語り、「55 公演のロングランに耐えられる体づくりと、しっかりと 原作を読み込むことに専念し、エレンを自分に落としていっている最中です」と頼もしいコメントを寄せてくれている。

この記事の画像

「舞台「進撃の巨人」リヴァイのビジュアル公開 ハンジなど新キャラクター登場も発表」の画像1 「舞台「進撃の巨人」リヴァイのビジュアル公開 ハンジなど新キャラクター登場も発表」の画像2 「舞台「進撃の巨人」リヴァイのビジュアル公開 ハンジなど新キャラクター登場も発表」の画像3 「舞台「進撃の巨人」リヴァイのビジュアル公開 ハンジなど新キャラクター登場も発表」の画像4
「舞台「進撃の巨人」リヴァイのビジュアル公開 ハンジなど新キャラクター登場も発表」の画像5