佳村はるかが応援サポーターに就任!「京都国際マンガ・アニメフェア2017」開催概要発表会

佳村はるかが応援サポーターに就任!「京都国際マンガ・アニメフェア2017」開催概要発表会
佳村はるかが応援サポーターに就任!「京都国際マンガ・アニメフェア2017」開催概要発表会
4月13日、映像産業振興機構で関西最大級のアニメ・マンガの祭典「京都国際マンガ・アニメフェア 2017」(以下、京まふ)の開催概要発表会見が行われた。会場には応援サポーターを務める声優佳村はるか、発起人である京都市長・門川大作、ほか実行委員を務める7名が参加した。

会見がスタートすると、「昨年は、過去最多となる68企業が参加、来場者数43936人を記録しました。毎年進化を続け6回目を迎えることができる今年は、京都の強みである“文化力”に力を入れていきたい」と発起人挨拶で門川市長が今年の京まふに懸ける想いを述べた。

続いて行われたのは、実行委員会委員長を務める手塚プロダクション代表取締役・松谷孝征の主催者挨拶。「20年以上前、マンガやアニメは文化の端くれにも置かれてなかったが、今や文化として認められるようになりました。手塚治虫が今の世にいれば、きっと大喜びしていたと思う。マンガ・アニメの発展、そして京都市の役に立てるように頑張ります」と話した。

ここで特別ゲストとして、応援サポーターに就任した佳村はるかが登場。「(応援サポーターに選ばれたことに)私自身すごくビックリだった。大好きな京都、そして外国・マンガ・アニメすべてをサポートできるように頑張りたいです」と京まふへの意気込みを語ってくれた。

次に、京まふ2017の開催概要の説明では今年の強化ポイント5点を発表。一つ目に「海外発信の強化」が挙げられた。具体的な施策として、「クッキングパパ」作者のうえやまとち氏による企画展と料理実演付きのトークショー、国対抗の短編アニメ上映会などが行われることが明らかとなった。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2017年4月14日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「声優」のニュース

次に読みたい関連記事「声優」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「吉沢亮」のニュース

次に読みたい関連記事「吉沢亮」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。