CGWORLD 5月10日発売号は「BLAME!」と「バイオハザード:ヴェンデッタ」を特集

CGWORLD 5月10日発売号は「BLAME!」と「バイオハザード:ヴェンデッタ」を特集
拡大する(全5枚)
CGWORLD 2017年6号 vol.226
5月10日、CG・映像クリエイターの総合誌「CGWORLD」の最新号Vol.226が発売される。第1特集ではポリゴン・ピクチュアズの『BLAME!』、第2特集ではマーザ・アニメーションプラネットの『バイオハザード:ヴェンデッタ』と、5月公開の話題作を取り上げる。

5月20日公開の『BLAME!』は弐瓶勉が「月刊アフタヌーン」にて連載していたSFマンガが原作だ。アニメーション制作は『シドニアの騎士』でも弐瓶勉の世界観を表現したポリゴン・ピクチュアズが担当。TVアニメ第2期『シドニアの騎士 第九惑星戦役』の劇中劇『BLAME! 端末遺構都市』のスタッフをメインに結成された精鋭チームが、多くのファンを持つハードSFの映像化に挑む。
第1特集ではプリプロダクションの段階からアニメ制作の現場に迫っている。3DCGの表現力をどのように活用していったのだろうか。弐瓶作品と抜群の相性を見せるポリゴン・ピクチュアズを紐解いていく。

5月27日公開の『バイオハザード:ヴェンデッタ』はゲーム「バイオハザード」シリーズのフルCG長編アニメである。クリス・レッドフィールドやレオン・S・ケネディなど、ゲームの人気キャラクターが登場することで注目を集めている。
映画最新作ではサバイバルホラーへの原点回帰と、CQC(近接格闘)をはじめとしたエンタメ性あふれるアクション演出という二つの指針を軸に、マーザ・アニメーションプラネットが映像を作り上げた。多数の資料を交えながら映像のポイントを徹底解説する。

「CGWORLD」最新号Vol.226は「Unreal Engine 4でつくるVRコンテンツ」や「短編アニメーション『RedAsh -GEARWORLD-』」など、そのほかの記事も充実している。価格は1512円(税込)だ。

CGWORLD 2017年6号 vol.226
発売:2017年5月10日
定価:1512円(税込)
判型:A4ワイド
総ページ数:144

この記事の画像

「CGWORLD 5月10日発売号は「BLAME!」と「バイオハザード:ヴェンデッタ」を特集」の画像1 「CGWORLD 5月10日発売号は「BLAME!」と「バイオハザード:ヴェンデッタ」を特集」の画像2 「CGWORLD 5月10日発売号は「BLAME!」と「バイオハザード:ヴェンデッタ」を特集」の画像3 「CGWORLD 5月10日発売号は「BLAME!」と「バイオハザード:ヴェンデッタ」を特集」の画像4
「CGWORLD 5月10日発売号は「BLAME!」と「バイオハザード:ヴェンデッタ」を特集」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「シドニアの騎士」に関する記事

「シドニアの騎士」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「シドニアの騎士」の記事

次に読みたい「シドニアの騎士」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク