東京藝大の公開講座「コンテンポラリーアニメーション入門 2017」世界的な映像作家が講師に

東京藝術大学大学院映像研究科が2009年から毎年開催している公開講座「コンテンポラリーアニメーション入門」が、今年は5月21日、10月22日、11月12日の3階に渡り行われる。

「コンテンポラリーアニメーション入門」はこの時代にどのようなアニメーション作家が、どのような意識で作品を制作しているかを知るため、基礎知識を共有することを目的とした講座だ。
2009年7月に始まり、これまでにも世界各国で活躍するアニメーション監督、作家が登壇してきた。

5月21日の通算25回目となる講座には、講師としてアカデミー賞を受賞した経歴を持つポール・ドリエセンが登壇。
オランダ生まれのポール・ドリエセンは、2000年に『3人のミセス達』で高い評価を得ると、『The Fimble Fumble Stories』シリーズで作家、イラストレーターとしても活躍。遊び心のあるアイデアを映像に取り入れるのが特徴的な監督だ。

10月22日の講座に登場するのは、ドイツで生まれのライムント・クルメ監督である。ライムント・クルメは作家として活躍する傍ら、ブラジルや韓国の大学で客員教授としても活躍する人物だ。
線と形をユニークな発想と自由な表現で視覚化することが得意で、日本でもCMアニメーション制作として活躍した過去がある。

そして11月12日にはウェンディ・ティルビー、アマンダ・フォービス、そして進行役として東京藝術大学大学院アニメーション専攻教授・山村浩二という3人が登場。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2017年5月4日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。