「BLAME!」劇場∞Netflix トークイベント 劇場と配信の同時展開はなぜ実現したのか?

「BLAME!」劇場∞Netflix トークイベント 劇場と配信の同時展開はなぜ実現したのか?
「『BLAME!』劇場∞Netflix トークイベント」(C)弐瓶勉・講談社/東亜重工動画制作局
       
劇場アニメBLAME!』はNetflixとタッグを組み、劇場公開とオンライン配信を同時展開する「劇場∞Netflix」を行う。5月12日には「『BLAME!』劇場∞Netflix トークイベント」がソニーPCL試写室にて開催された。

イベントには『BLAME!』のエグゼクティブ・プロデューサーを務めるポリゴン・ピクチュアズの守屋秀樹と、Netflixでコンテンツ・ディレクターを務めるジュリアン・ライハンが登壇。「アニメ!アニメ!」元編集長の数土直志による進行の元でトークを繰り広げた。
まずはNetflixでの配信が決まった経緯について、守屋は「ポリゴン・ピクチュアズは、もともとアメリカ向けのアニメを製作している会社であり、アメリカのNetflixとのつながりがありました」とコメント。「ただセルルックCGアニメを作るのは初めてでしたので、当初はできるのかなと不安ではありましたが、『シドニアの騎士』、『亜人』と放送前に買って頂けたこともあり、“『BLAME!』もどうですか?”となりました。だからNetflixのサポートがなかったら『BLAME!』は作れませんでしたね」と打ち明ける。
ライアンは「我々は企画の段階か参加してらトップクリエーターたちと一緒に作り上げるスタイルを大事に思っています。『BLAME!』は原作が素晴らしく、このストーリーであれば全世界で絶対に通用すると思い、二つ返事でご一緒させて頂くことにしました」と作品に自信を見せた。

当時の記事を読む

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「Netflix」に関する記事

「Netflix」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「Netflix」の記事

次に読みたい「Netflix」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年5月13日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。