【特別対談】「夜明け告げるルーのうた」大ファンである斉藤壮馬が語る湯浅政明監督の魅力とは?

【特別対談】「夜明け告げるルーのうた」大ファンである斉藤壮馬が語る湯浅政明監督の魅力とは?
【特別対談】「夜明け告げるルーのうた」大ファンである斉藤壮馬が語る湯浅政明監督の魅力とは?
2017年4月に公開を迎えた『夜は短し歩けよ乙女』に続いて、湯浅政明監督の最新劇場アニメ『夜明け告げるルーのうた』が5月19日に公開となる。
物語の舞台は、人魚の言い伝えを持つ漁港の町・日無町。両親の都合で引越してきた中学生の少年カイは、クラスメイトに連れられて訪れた離れ島で人魚のルーと出会う。鬱屈した気持ちを抱えていたカイは、ルーと行動を共にするようになり少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし日無町では、古来から人魚は災いをもたらす存在として恐れられていた――。

湯浅監督の唯一無二の世界観はアニメ業界の中にもファンが多く、本作でカイのクラスメイトである国夫を演じた斉藤壮馬もその一人だ。斉藤の希望もあって今回、湯浅監督と斉藤の対談が実現。作品の魅力や制作の模様についてたっぷり語らっていただいた。
[取材・構成:奥村ひとみ]

映画『夜明け告げるルーのうた』
2017年5月19日(土)全国ロードショー
http://lunouta.com/

■湯浅監督の魅力は「間」と「引き算の美学」

――今回の対談にあたって、斉藤さんが湯浅監督の大ファンだと伺いました。斉藤さんが感じる湯浅監督の魅力を教えてください。

斉藤壮馬(以下、斉藤)
僕が最初に拝見したのは『ケモノヅメ』でした。「ここが魅力」とはっきり言うのはあまりに軽率ですが、強いて言うなら、僕は湯浅監督の作品は“間”がすごく独特だと思っているんです。シーンの終わりどころや、多くを語らないキャラクターといったように、一度では気づかない“間”の演出が様々な点に散りばめられている。そういった、僕の理解を越えていくところがすごく面白くて、気になってもう1回見たくなります。一見するとおしゃれに盛った映像に見えるかもしれませんが、そこには引き算の美学があると僕は思っていて。ちょっと違うかもしれませんが、侘び寂びのようなものを感じられるのがとても好きなんです。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2017年5月18日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「内田雄馬」のニュース

次に読みたい関連記事「内田雄馬」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「喜多村英梨」のニュース

次に読みたい関連記事「喜多村英梨」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「逢坂良太」のニュース

次に読みたい関連記事「逢坂良太」のニュースをもっと見る

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。