成長期に差しかかった中国のアニメビジネス ~2017杭州アニメフェスティバルを訪ねて~ 第2回「IPブームと著作権意識のギャップ」

成長期に差しかかった中国のアニメビジネス ~2017杭州アニメフェスティバルを訪ねて~ 第2回「IPブームと著作権意識のギャップ」
成長期に差しかかった中国のアニメビジネス ~2017杭州アニメフェスティバルを訪ねて~ 第2回「IPブームと著作権意識のギャップ」
成長期に差しかかった中国のアニメビジネス
~2017杭州アニメフェスティバルを訪ねて~ 第2回「IPブームと著作権意識のギャップ」
[増田弘道]

■民間企業が集うコンベンションセンターB
導線にしたがってコンベンションセンターAを抜けてBに入ると、こちらは一転してAnimeJapanに近いノリに変わる。中国の代表的な動漫企業や配信企業が出展しており、大ヒット中『熊出没』の華強方特(FANTAWILD)、ビリビリ動画、天聞角川、それにこちらにもブースを出しているテンセント動漫といった名前があって馴染み深い。日本からはテレビ東京や電通(『ユーリ!!! on ICE』『西遊記REROAD BLAST』)、ポケモンなどのガチャポンブースが出展。今年はネット系企業の存在感が去年にも増して大きくなっており、テンセントはもちろん、楽視網(ネット)、YouKu、網易(NetEase)やSNSゲーム系などのモニターやブースを数多く見かけた。

楽視網

広州天聞角川

テレビ東京

電通ブース

■翻翻動漫原作の日本製アニメ
B館1Fの出展企業の中において日本との関係でビジネス的に注目されるのは、ニュースの多いテンセントを除けば地元杭州の出版会社翻翻(ファンファン)動漫であろう。この会社に関しては昨年レポートしたが、今年はよりパワーアップを遂げ日本との関係をより深いものにしていた。
写真は現在TOKYO MXで放送中の『兄に付ける薬はない(快把我哥帯走)』の原作者である幽・霊氏と制作会社であるファンワークスの高山社長である。今回筆者の誘いで初めて杭州動漫節cicaf2017に赴いた高山社長であるが、翻翻動漫から原作本を出版しサイン会をしていた著者に偶然遭遇したのである。サイン会場が行われたのはB館1F中央にある一番大きなイベントスペースであるが写真にあるように、沢山のファンが押し寄せ大盛況であった(幽・霊氏は本来双子姉妹であるがお姉さんは今回体調を崩したため欠席)。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年6月13日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。