「メアリと魔女の花」庵野秀明、西村義明ら“アニメーション背景”の真髄を語る

7月1日(土)、内幸町・イイノホールにて7月8日(土)全国ロードショー『メアリと魔女の花』の先行上映会が行われた。上映後、本作の背景美術を担当した「でほぎゃらりー」の設立者である川上量生(ドワンゴ)、庵野秀明(スタジオカラー)、西村義明(スタジオポノック)が登壇。アニメーション背景について語った。

借りぐらしのアリエッティ』『思い出のマーニー』の米林宏昌監督の最新作となる『メアリと魔女の花』。スタジオジブリを退社後に米林監督が設立した、スタジオポノックの第一作目の長編アニメーションとして注目を集めている作品だ。

川上・庵野・西村が設立した「でほぎゃらりー」は、デジタルでのアニメーション制作が主流になる中、手描きで背景美術を作りあげる会社。庵野は「手描きはどんどん状況的に厳しくなるし、デジタルの方が儲かる。でも、伝統工芸としての手描き背景の良さを残していきたい。だから『でほぎゃらりー』は新人が毎年入社して、10年、20年残っていけば、小さいながらも会社として続いてくれれば」とその思いを語った。

さらに西村が「制作側としての背景美術とどう関わっているのか」という質問を庵野に投げかけると「背景美術は作品の世界観を決める。キャラクターがどこに行って、どういうことをするのかを伝えるのは周りの風景が大事。背景美術が良ければ場面の長回しが効く。厳しい場合は長回しがもたないので、カットを切り分けてキャラクターのアップだったりとか、背景をじっくり見せない手法になる」と答えた。

この記事の画像

「「メアリと魔女の花」庵野秀明、西村義明ら“アニメーション背景”の真髄を語る」の画像1 「「メアリと魔女の花」庵野秀明、西村義明ら“アニメーション背景”の真髄を語る」の画像2 「「メアリと魔女の花」庵野秀明、西村義明ら“アニメーション背景”の真髄を語る」の画像3 「「メアリと魔女の花」庵野秀明、西村義明ら“アニメーション背景”の真髄を語る」の画像4
「「メアリと魔女の花」庵野秀明、西村義明ら“アニメーション背景”の真髄を語る」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「メアリと魔女の花」に関する記事

「メアリと魔女の花」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「メアリと魔女の花」の記事

次に読みたい「メアリと魔女の花」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク