岡田麿里がアニメ初監督「さよならの朝に約束の花をかざろう」2018年2月24日公開

岡田麿里がアニメ初監督「さよならの朝に約束の花をかざろう」2018年2月24日公開
(c)PROJECT MAQUIA
『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』や『心が叫びたがってるんだ。』を手がけた脚本家・岡田麿里がアニメ映画の初監督を務めることが分かった。タイトルは『さよならの朝に約束の花をかざろう』となり、2018年2月24日に全国公開される。情報発表にあわせて、ティザービジュアルと特報が明らかになった。

岡田麿里は1976年生まれ。1996年にビデオシネマで脚本家デビューを果たし、1998年に『DTエイトロン』でアニメ脚本を初担当。2011年にはTVアニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』、2015年には映画『心が叫びたがってるんだ。』とオリジナル作品を発表し、少年少女たちの青春を細やかな心理描写で表現した。2017年には実写映画の脚本も手がけた彼女が、今度は監督として作品を送り出すことになった。
映画『さよならの朝に約束の花をかざろう』のティザービジュアルには、草原の中を走るキャラクター二人の背中が描かれている。その向こう側には大きな空が広がり、壮大な世界を感じさせる出来映えだ。特報では髪の長い少女が走るシーンが登場。旗を織る手、歴史を感じさせる石畳の街並み、大きな手が小さな手を取り合う場面など、数々のイメージがテンポよく繋がっている。岡田が描く新たな世界観への期待が膨らむ30秒に仕上がった。

アニメーション制作は『true tears』や『花咲くいろは』でタッグを組んだP.A.WORKSが担当。チーフディレクターは篠原俊哉、キャラクター原案は吉田明彦、キャラクターデザイン・総作画監督は石井百合子、美術監督は東地和生、美術設定・コンセプトデザインは岡田有章、音楽は川井憲次、音響監督は若林和弘が務める。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月6日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。