「メアリと魔女の花」米林宏昌監督インタビュー ジブリから一歩踏み出して作りつづけるという覚悟

「メアリと魔女の花」米林宏昌監督インタビュー ジブリから一歩踏み出して作りつづけるという覚悟
「メアリと魔女の花」米林宏昌監督インタビュー ジブリから一歩踏み出して作りつづけるという覚悟
7月8日(土)アニメーション映画『メアリと魔女の花』が劇場公開を迎える。『借りぐらしのアリエッティ』、『思い出のマーニー』とスタジオジブリで瑞々しい少女の感性を描いてきた米林宏昌監督が、ジブリ退社後に初めて手がけた作品であり、同じくジブリ出身の西村義明プロデューサーが設立したスタジオポノック長編第1作目にあたる。
「ポノック」の社名の由来はクロアチア語で「深夜0時、1日が始まってゼロになって、また新しい1日が始まる」という意味が込められている。米林監督は一体どのような思いでこの作品を作り上げたのか、その思いをうかがった。
[取材・構成=細川洋平]

『メアリと魔女の花』
2017年7月8日(土)全国ロードショー
www.maryflower.jp/

――まずは制作お疲れさまでした。振り返ってみていかがでしょう。

米林宏昌監督(以下、米林)
スケジュールもあまり余裕がないなか、僕の動かしたいというわがままで作画枚数の多い作品となり、現場のスタッフも大変だったと思いますが、何とか完成してみなさんにお届けできることをうれしく思っています。

――2015年に『思い出のマーニー』にて米林監督と、フィギュアスケートの高橋大輔さんとのトークイベントがあった際、次回作について「次はたくさん動かすファンタジー作品が作りたい」とおっしゃっていました。それがまさに本作になったわけですね。

米林
そうです。あの時はまだ何も決まってなかったのにそう言ってしまいました(笑)。今回は『マーニー』と真逆の作品をつくりたい思い、『マーニー』が「静」の作品であるなら、今回は「動」の作品にしたい、喜怒哀楽がワーッと表情に出て、躍動的に走り回って、ホウキにまたがって広大な空間を移動するような作品にしたいという思いで作りました。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「東京喰種」のニュース

次に読みたい関連記事「東京喰種」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「いぬやしき」のニュース

次に読みたい関連記事「いぬやしき」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ガンダムGのレコンギスタ」のニュース

次に読みたい関連記事「ガンダムGのレコンギスタ」のニュースをもっと見る

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月7日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。