訪れてみたい日本のアニメ聖地、「君の名は。」から「エヴァ」まで88カ所が決定

訪れてみたい日本のアニメ聖地、「君の名は。」から「エヴァ」まで88カ所が決定
訪れてみたい日本のアニメ聖地、「君の名は。」から「エヴァ」まで88カ所が決定
一般社団法人アニメツーリズム協会(会長・富野由悠季)は、全世界のアニメファンが選んだ『訪れてみたい日本のアニメ聖地88(2018年版)』を発表。ファン投票の結果をベースとして、近年の作品を中心に全国各地の「アニメ聖地」がリストアップされた。

アニメにおける「聖地」とは、作品中で描かれる背景のモデルとなった実際の場所のこと。ファンがその場所を訪れる行為は「聖地巡礼」と呼ばれ、近年アニメファンの間で盛んに行われている。

選定されたのは、聖地巡礼が本格的なブームとなった2000年代以降の作品を中心とした日本全国の地域。昨年爆発的なヒットを飛ばした『君の名は。』は、三葉が住む"糸守"のモデルとされる岐阜県飛騨市と、瀧が暮らす東京都新宿区が聖地に選定。近年の作品だけではなく、釣りマンガの金字塔が原作である『釣りキチ三平』の舞台として挙がった秋田県横手市など、往年の名作の聖地にも注目したい。聖地巡礼ブームの火付け役と言われる『らき☆すた』の舞台、埼玉県久喜市も忘れてはならないスポットだ。「あんこう祭り」に、アニメ関連イベントを取り入れ、大きな盛り上がりを見せている「ガルパン」の舞台、茨城県の大洗町も選ばれた。『true tears』の聖地として挙げられた富山県南砺市は、同作を制作したP.A.WORKSが本社を構える場所でもある。まさに「聖地巡礼」を描いた作品『おへんろ。』の舞台である四国四県もリストイン。『輪廻のラグランジェ』の千葉県鴨川市は、聖地巡礼のムーヴメントを背景に、積極的に作品へ協力した知られることで話題を呼んだ地域だ。キャラクターの日常を生活を中心に描いた作品以外にも『シュタインズ・ゲート』や『

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2017年8月27日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら