「賭ケグルイ」田中美海&徳武竜也が京都で制作秘話をトーク “名物企画”の結果は…?

「賭ケグルイ」田中美海&徳武竜也が京都で制作秘話をトーク  “名物企画”の結果は…?
「賭ケグルイ」田中美海&徳武竜也が京都で制作秘話をトーク “名物企画”の結果は…?
9月17日、「京都国際マンガ・アニメフェア2017」内で「『賭ケグルイ』スペシャルトークショーin 京まふ」が開催された。イベントにはメインキャストより早乙女芽亜里役の田中美海、鈴井涼太役の徳武竜也が登壇。最終回のオンエアを控えるアニメやキャラクターの魅力、アフレコ現場の裏話などについてトークを繰り広げた。

トークショーはイントロダクション映像で開幕。蛇喰夢子による「さあ、賭け狂いましょう」の一声で『賭ケグルイ』の空気に満たされた壇上に、田中は「ミケ」、徳武は「ポチ」の“家畜証”を首から下げて現れた。
挨拶とそれぞれの役どころに関する話題に続き、司会から「担当以外で気になるキャラは?」との質問が。田中は“黄泉月るな”を挙げて「自分にだけ心を許してほしい」との思いを告白し、徳武は玩具メーカーの令嬢である“皇伊月”を「(おもちゃ好きなので)ワンチャンある?」として笑いを誘った。

またお気に入りのシーンについては、徳武は第7話「拒絶する女たち」における生志摩妄戦後の夢子と鈴井のやり取りを選択。おまけとして伊月が差し入れた和菓子に鈴井が反応するカットも挙げ、彼のバックヤードにも興味を示した。一方の田中は第4話「家畜になった女」より、芽亜里が「私は私の人生を取り戻す!」と決意し、木渡潤を「バーカ!」とやり込める一幕をチョイス。この「バーカ!」については実演も行われ、司会から「男性には喜んでいる方もいますね」とのツッコミが入った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2017年9月28日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら