「GODZILLA 怪獣惑星」は国道246号線沿いで起きていた? 瀬下監督が挑んだ国産3DCGアニメの集大成とは

11月17日、映画『GODZILLA 怪獣惑星』が公開された。本作は、昨年大ヒットを呼んだ『シン・ゴジラ』に続いて、1954年に誕生した『ゴジラ』シリーズで初めての長編アニメーションとなる。

ストーリー原案・脚本を託されたのは虚淵玄。『魔法少女まどか☆マギカ』をはじめ、既存ジャンルを新しいアプローチで描き出す業界屈指のストーリーテラーだ。ハードでシリアスなSF世界、予測不可能なストーリー、ゴジラの圧倒的な力、無力感に絶望する人類の行く末。『ゴジラ』史上、かつてない規模で描かれる“アニゴジ”に、SNS上は悲喜こもごもなコメントで溢れかえっている。

今回は、『シドニアの騎士』『亜人』『BLAME!』などのアニメ化を手がけ、本作で静野孔文氏と共に監督をつとめた瀬下寛之氏にインタビュー。『ゴジラ』という存在の重みを知ったうえでなお、虚淵氏のシナリオをどのように組み立て、ビジュアライズしたのか。同氏の言葉からは、共に映画を作ったスタッフへの信頼感と、緻密な舞台設計に欠かせない深い考察、そして国産3DCGアニメーションへの想いが浮き彫りになっている。

また、取材では、2018年5月公開予定の第2章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』など、今後へとつながるヒントも明らかに。すでに作品を観た方も、これから鑑賞される方も、今までになかったアニメ版『ゴジラ』を読み解く手がかりに活用してほしい。
【取材・構成=小松良介】

この記事の画像

「「GODZILLA 怪獣惑星」は国道246号線沿いで起きていた?  瀬下監督が挑んだ国産3DCGアニメの集大成とは」の画像1 「「GODZILLA 怪獣惑星」は国道246号線沿いで起きていた?  瀬下監督が挑んだ国産3DCGアニメの集大成とは」の画像2 「「GODZILLA 怪獣惑星」は国道246号線沿いで起きていた?  瀬下監督が挑んだ国産3DCGアニメの集大成とは」の画像3 「「GODZILLA 怪獣惑星」は国道246号線沿いで起きていた?  瀬下監督が挑んだ国産3DCGアニメの集大成とは」の画像4
「「GODZILLA 怪獣惑星」は国道246号線沿いで起きていた?  瀬下監督が挑んだ国産3DCGアニメの集大成とは」の画像5
編集部おすすめ
アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「魔法少女まどか☆マギカ」に関する記事

「魔法少女まどか☆マギカ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「魔法少女まどか☆マギカ」の記事

次に読みたい「魔法少女まどか☆マギカ」の記事をもっと見る

マンガ・アニメニュースランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る
お買いものリンク