『劇場版 ソードアート・オンライン-オーディナル・スケール』の世界観を楽しみながら都内の12スポットを巡るデジタルスタンプラリーアプリが、「TOKYOアニメツーリズム2018」にて1月28日より配信されることが決定した。AR機能に対応した機種を使用すれば、アニメで描かれた「オーグマー」のようなAR(拡張現実)の世界を体験できる。

【フォトギャラリー】ARで『劇場版 ソードアート・オンライン』の世界観を体験!イメージ画像を見てみる?

デジタルスタンプラリーは、専用アプリ「東京アニメツーリズム2018」をダウンロードし、各スポットから半径30メートル程度の範囲にチェックイン(SEARCH)することでスタンプを集めるというもの。スポットごとに決められたポイントを獲得し、その累計ポイント数に応じて「東京アニメセンター in DNPプラザ」で「缶バッジ」「クリアファイル」「手ぬぐい」のオリジナルグッズを受け取れるという内容だ。

なおAR機能に対応した機種で参加すれば、劇中に登場する「オーグマー」のようにAR世界を体験しながらのスタンプラリーが可能。各スポットで出会ったキャラクターをARで好きな場所に呼び出せるほか、映画さながらのマップ表示、ゲーム『ソードアート・オンライン フェイタルバレット』のPV観賞などを楽しめる。

そして「TOKYOアニメツーリズム2018」の初日となる1月28日には、ベルサール秋葉原にてイベントの開催も決定。AR機能の対応機種を利用して参加すると、ここでしか登場しないレアキャラクターに出会うことができる。事前申し込みは不要なので、当日は気軽に会場に足を運びたい。

この記事の画像

「AR技術で「ソードアート・オンライン」を体験! デジタルスタンプラリーアプリが配信決定」の画像1 「AR技術で「ソードアート・オンライン」を体験! デジタルスタンプラリーアプリが配信決定」の画像2 「AR技術で「ソードアート・オンライン」を体験! デジタルスタンプラリーアプリが配信決定」の画像3 「AR技術で「ソードアート・オンライン」を体験! デジタルスタンプラリーアプリが配信決定」の画像4
「AR技術で「ソードアート・オンライン」を体験! デジタルスタンプラリーアプリが配信決定」の画像5