“ベスト10”とはどうあるべきか?「映画芸術」アニメ除外問題が浮き彫りにしたもの 藤津亮太のアニメの門V 第31回

       
老舗の映画雑誌『映画芸術』が、同誌の「日本映画ベスト&ワースト」の対象からアニメ映画を除外したことが話題を呼んでいる。

当該の同誌では「討議」として「ベスト&ワースト選出方法を探る」という座談会を掲載した。この座談会は、映画評論家の稲川方人の進行で、映画監督の河村雄太郎、映画プロデューサーの寺脇研、同誌の発行人で脚本家の荒井晴彦によって行われている。これを読むと、単純に「アニメ映画を対象外にした」ということが奇妙なだけでなく、その背後には「ベスト10はどうあるべきか」をめぐる問題があったことがわかる。

最初に筆者の「ベスト10」に関するスタンスを記しておこう。
筆者は、「ベスト10」を雑誌などの“お祭り”として大事だと思っているが、個人としては積極的に参加する意志はない。依頼があって引き受ける場合は、順位を付けず、選評が許されるなら「単純な良し悪しではなく、何かのコンセプトに沿った10作」として紹介するようにしている。順不同なのは、煎じ詰めれば、たとえば10位と9位の差を合理的にかつ普遍的に説明するのが不可能だと思っているからだ。つまり「ベスト10」の仕組みを利用して、なるべく多くのアニメを紹介しようという心づもりで参加している。だから、年間回顧的な記事でも、媒体によって取り上げる作品が異なることがままある。

さてアニメを対象外にしたのみならず、『映画芸術』のベスト&ワーストの選考方法は前年から大きく変更が加えられている。それが以下のポイントだ。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「“ベスト10”とはどうあるべきか?「映画芸術」アニメ除外問題が浮き彫りにしたもの 藤津亮太のアニメの門V 第31回」の みんなの反応 2
  • 匿名さん 通報

    つまり、「アニメは嫌いだ」by 編集部 ってことでは?

    0
  • アノニマス 通報

    …そんな雑誌しらない…。

    0
この記事にコメントする

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年2月4日のマンガ・アニメ記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。