「サイコパス」から細田守新作まで…歴史を辿れるTOHO animationブース【AJ2018】

「サイコパス」から細田守新作まで…歴史を辿れるTOHO animationブース【AJ2018】
「サイコパス」から細田守新作まで…歴史を辿れるTOHO animationブース【AJ2018】
3月24日、25日の2日間、東京ビッグサイトで開催された「AnimeJapan 2018」。本稿では、大規模な展示を行ったTOHO animationブースの模様を紹介する。

TOHO animationは2018年でレーベルの設立から5周年を迎えるという節目のタイミング。ブースではこれを記念した展示を大々的に行った。
入り口ではアニメ映画『GODZILLA』シリーズに登場するアース・ゴジラが出迎えてくれる。その後レーベル初期の作品である『PSYCHO-PASS サイコパス』『弱虫ペダル』といった作品のキャラクターが、TOHO animationのロゴとともに描かれたパネルとなって並ぶ。
展示エリアは時系列順で並んでおり、『ハイキュー!!』『アカメが斬る!』『サクラクエスト』『リトルウィッチアカデミア』など、レーベルを彩ってきた作品が揃う。
そして終盤になると『君の名は。』『刀剣乱舞 -花丸-』『僕のヒーローアカデミア』などが続き、最後は2018年公開予定の細田守監督最新作『未来のミライ』のビジュアルが待っている。

巨大なブースの一角にはイベント用のステージも設けられている。ここでは今度の期待作である『はねバド!』『ウマ娘 プリティダービー』などのイベントが連日実施される。

あわせて読みたい

気になるキーワード

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2018年3月24日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。