2018年上半期で最も売れた“アニメBlu-ray”は? ハリウッド大作やジャニーズに並んだのは…

2018年上半期で最も売れた“アニメBlu-ray”は? ハリウッド大作やジャニーズに並んだのは…
(C)2017 プロジェクトラブライブ!サンシャイン!
2018年のオリコン上半期Blu-ray Discランキングが発表された。アニメ作品においては、『怪盗グルーのミニオン大脱走』が『スターウォーズ/最後のジェダイ』や『関ジャニ'sエイターテインメント ジャム』に続く5位にランクイン。
トップ10には『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』と『ラブライブ!サンシャイン!! 2nd Season 1』も並び、ハリウッド大作やジャニーズにも引けを取らないアニメの好調ぶりが数字にも表れた。

5位に入った『怪盗グルーのミニオン大脱走』は、『SING/シング』のイルミネーション・エンターテインメントによる「怪盗グルー」シリーズの第3作。主人公・グルーと生き別れになっていた双子の兄・ドルーとの出会いや、グルーの相棒・ミニオンたちが新たなボスを探す姿が描かれており、BDは7.4万枚を売り上げた。

また『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』は9位をマーク。『劇場版』で繰り広げられた大学選抜チームとの試合後、再び現れた難問に立ち向かうべく再始動した大洗女子学園戦車道チームの活躍を描いており、BDは6.3万枚のセールスを記録している。

そして10位に飛び込んだ『ラブライブ!サンシャイン!! 2nd Season 1』は、静岡県沼津市の海辺の町、内浦を舞台に活躍するスクールアイドルグループ“Aqours”の活躍を描いたアニメの第2期。3rd LIVEツアーのチケット最速先行抽選申込券も封入されたBD第1巻は、6.2万枚の売り上げとなった。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2018年7月1日のマンガ・アニメ記事
「2018年上半期で最も売れた“アニメBlu-ray”は? ハリウッド大作やジャニーズに並んだのは…」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    ガールズ&パンツァー 最終章 第1話(6.3万枚)

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。