“アニメアーカイブ”の現状と課題は? プロダクションI.G所属の“アーカイブ担当”にインタビュー

“アニメアーカイブ”の現状と課題は? プロダクションI.G所属の“アーカイブ担当”にインタビュー
プロダクションI.G 山川道子氏
アニメは日本が誇る文化だ」――こう聞いて首をかしげる人はもう少なくなったと言っていいだろう。

2018年度の文化庁メディア芸術祭で功労賞を受賞したマンガ研究家の竹内オサム氏によれば、ほんの数十年前の日本ではマンガやアニメは低俗なものとみなされ、文化として研究することにも批判があったのだという。今やそれを文化庁が表彰するようになったのだから、隔世の感を禁じ得ない。

アニメが文化と誇れるようになった一方で、新たな問題も浮上している。原画やセル画など、アニメの制作過程で生じる関連資料の保存の問題だ。
たとえば海外のオークションサイトebayで「Anime cel Art」という検索ワードで調べてみると、数多くの出品物がヒットするのが分かる。『トランスフォーマー ザ☆ヘッドマスターズ』の動画付きのセル画が200USドル前後、『美少女戦士セーラームーン』の動画、セル画、背景美術のセットが500USドル、『ダーティペアFLASH 2』のオープニングのケイとユリの変身シーンのセル画は999.99 USドルといった具合だ(2018年8月現在)。

かつての日本でも、浮世絵版画や根付など庶民の楽しみだったものが芸術性の高さから海外の美術コレクターに注目され数多く流出しており、日本の文化でありながら日本に所有権がなく国内で見ることができない作品もある。アニメも文化として誇る一方で保存を怠れば、同じ道を歩むことになりかねない。

あわせて読みたい

アニメ!アニメ!の記事をもっと見る 2018年8月19日のマンガ・アニメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

マンガ・アニメニュースアクセスランキング

マンガ・アニメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

注目の最新アニメ情報、マンガ情報、人気声優情報などアニメファン必見のニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら